2013年04月16日

ソニーとオリンパスが共同出資する合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」(本社・子安町)が4月16日発足

 先進・先端企業が集中する八王子市に新たな会社が誕生しましたわーい(嬉しい顔)

 ソニーオリンパスが共同出資する合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」が、2013年4月16日に発足し、本社は八王子市子安町サザンスカイタワー八王子)に置かれました。

 ソニーの得意分野の映像技術と、オリンパスの持つ医療機器の開発がコラボレーションして、素晴らしい先端医療機器を創出し、社会貢献することが大いに期待できる待望の会社が生まれましたねわーい(嬉しい顔)

 八王子市は商業施設、企業の進出が相次ぎ最近、特に活気が出てきていますわーい(嬉しい顔)

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201304/13-0416/

【記事】
ソニーとオリンパス、医療合弁会社の目算
狙うは売り上げ600億円超、「4K」内視鏡も展開
(2013年04月16日 東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/-/13693

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ.jpg

 ソニーとオリンパスが共同出資する合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」が4月16日に発足した。合弁会社の出資比率はソニー51%、オリンパス49%で、ソニーの連結子会社となる。

 同日、会見に臨んだソニー出身の勝本徹社長(=タイトル下写真左=)とオリンパス出身の深谷孝副社長(=同右=)。勝本社長は「ソニーの映像技術と、オリンパスの持つ医療機器の開発、病院や医師との密接なつながりを融合して、新しい医療機器を創出していく」と新会社の方向性を語った。

 合弁会社は、新開発する「4K」以上の解像度を持つ高精細画像や3D画像に対応した外科用内視鏡と、モニターなど関連システム、そして手術室への医療画像の配信等のシステムインテグレーションの開発・製造・販売を手がけるのが特徴だ。

ソニーの映像とオリンパスの医療が「融合」
 オリンパス本体が手がけてきた従来の外科内視鏡関連の製品に関しては、引き続き同社で事業を継続していく。

 医療機器の許認可次第ということで新製品の発売時期は明言せず、数年のうちとの見解を示した。中期的な売上目標としては「2020年の外科医療市場の市場規模として想定している3300億円の20%を超えるシェアをとっていく」(勝本社長)との従来の目標をあらためて掲げている。

 映像のソニーと医療のオリンパス。両社の技術・知見の融合は「医者・患者双方の負担を減らし、医療費削減にも貢献する」(深谷副社長)という新しい医療機器を生み出せるか。外科内視鏡分野でオリンパスのシェアを上回る独カールストルツ社、米ストライカー社といった競合への新会社の挑戦が始まった。

転職サイトはDODA フレッツ光 NHK英会話 べジーデル酵素液
キャッシング 06 youbride(ユーブライド) ポリピュア ドリーム・トレイン・インターネット
DMM.com証券 レンタルサーバーならライブドア 生命保険の無料相談 FX
エステ 東京 Serum Dew トゥース 霧島火山岩 深層水
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック