2012年10月16日

「ボーネルンドあそびのせかい セレオ八王子店」は想像を超える規模。「キドキド」は史上最大の250坪! 「ゆめきっず」も隣接へ

 2012年10月25日オープンのセレオ八王子北館に入る親子向け屋内複合遊戯施設ボーネルンドあそびのせかい セレオ八王子店」の詳細が明らかになりましたわーい(嬉しい顔)

 ショップには、世界のあそび道具約3000種類を揃え、キドキドは史上最大の250坪の敷地面積。さらに八王子市の子育て支援施設「親子つどいの広場」の一つ「ゆめきっず」を、キドキド隣接の施設として運営するというスケールの大きな親子向け屋内複合遊戯施設が誕生しますexclamation×2

 子どもたちの歓喜の声が聞こえてきそうですね。それにしても凄いexclamation×2 想像を超える施設が駅ビルに誕生ですわーい(嬉しい顔)

ボーネルンド http://www.bornelund.co.jp/

【記事】
ボーネルンド、親子向け屋内複合遊戯施設「ボーネルンドあそびのせかい セレオ八王子店」をオープン

「あそび」を科学的に考え開発した子どもの発育サポート施設
あそび場と店舗の複合施設「ボーネルンドあそびのせかい」が八王子にオープン
〜産・官・学協働による「新しい子育て支援」のモデルケースとして、画期的な取り組みを実施〜
(2012/10/12 日経電子版 ボーネルンド プレスリリース)
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=321528&lindID=5

 子どもの健全な成長に寄与することを目的に教育玩具の輸入・開発・販売を行う株式会社ボーネルンド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中西弘子)は、東京都八王子市に開業する商業施設「セレオ八王子北館」内に、親子に人気の室内あそび場「キドキド」と、世界のあそび道具を販売する「ボーネルンドショップ」を併設した親子向け屋内複合遊戯施設「ボーネルンドあそびのせかい セレオ八王子店」を10月25日(木)にオープンします。当店から日本の子育て支援の新たなモデルケースを提示することを目指し、産・官・学の協働によるこれまでにない取り組みを多数実施します。

 「ボーネルンドあそびのせかい」とは、親子一緒に運動やあそびを楽しめ、子どもの“こころ・頭・からだ”のバランスがとれた発育をサポートする室内あそび場「キドキド」と、世界のあそび道具を提案販売するショップを合体させた複合施設です。あそび場ゾーンは、運動科学の先進国といわれるデンマークの体育理論により開発したボーネルンドオリジナル運動遊具を中心に、全身を使って遊ぶ運動遊具や0歳児でも安全に遊べる小型遊具などを用い、子どもたちが発達段階に応じた多様なあそびを存分に楽しめるよう、環境全体に工夫をこらして設計しています。

 2011年は年間140万人を超える親子にご来場いただいており、子育てに必須な施設として支持されています。また、ショップには家庭での利用はもちろんギフトなどにもご利用いただける世界のあそび道具約3000種類を揃え、多摩エリアを代表する大型店舗として展開します。

「ボーネルンドあそびのせかい セレオ八王子店」の特徴

●キドキド史上最大!250坪の敷地面積で遊びがさらに充実
  既存店の平均面積180坪を大きく上回る、キドキド史上最大250坪の敷地面積を用意。サイバーホイールやエアトラック、ボールプールといった、キドキドでおなじみの体を存分に動かして楽しむ遊具はもちろん、じっくりと遊びに取り組むコーナーを大幅に拡充。自己表現であり社会性を育む「ごっこ遊び」コーナーを特に充実させ、誰かになりきったり、真似をして楽しみたい子どものニーズを満たします。

ボーネルンド1.jpg

●八王子市と事業協力、市の子育て支援施設をキドキドに隣接して開設し、市民に無料開放
八王子市の子育て支援施設「親子つどいの広場」の一つ「ゆめきっず」を、キドキドと隣接の施設として運営します。3歳未満の子どもを連れた八王子市民(市に事前登録の必要あり)は、キドキドを無料で利用できます。八王子市は、「子育てしやすいまちナンバーワン」を目標に子育て支援に力を入れており、現在、市内5箇所で「親子つどいの広場」を運営しています。今回、多くの親子連れが集うキドキドとあわせて子育て支援施設を開設することで、多くの親子への情報提供の充実や課題発見の迅速化など、総合的な子育て支援サービスの向上が期待できます。

ボーネルンド2.jpg

●明星大学 星山教授と連携、子育て支援の研究開発の場としての役割も
 明星大学教育学部教授の星山麻木先生と連携し、キドキドを新しい子育て支援の研究開発・実践の場として活用します。子育て支援ワークショップなどを通し、子育てに悩みを抱える親をサポートするだけでなく、早期発達支援のできる教育者を養成する場としての役割も果たします。

 当社では、キドキドのようなあそび場が子育ての現代的課題に対するソリューションになると考えており、子どものあそび場を「社会に必須のインフラのひとつ」まで高めていくことを目指しています。今回の八王子市との事業協力を契機に、行政との協働によるあそび場づくりの取り組みを、全国に広げていくことを大きな狙いとしています。

 当社は、子どもの遊び場の減少や身体能力の低下といった社会問題解消に向け、健全なからだづくりの基礎を育めるインドアプレイグラウンドを展開しており、今回で16ヵ所目の開業となります。本施設は、通常保育と比較して歩数が約1.5倍、跳ねる・転がる・くぐるなどの動きの多様性は約2倍という高い運動効果や、子ども自身の高い満足度などからリピーターも多く、来場者数は好調に推移しています。

ボーネルンド3.jpg

※概要や施設内イメージなどは添付の関連資料を参照
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0321528_04.pdf

≪一般の方のお問い合わせ先≫
 株式会社ボーネルンド TEL:0120−358−518

転職サイトはDODA フレッツ光 NHK英会話 べジーデル酵素液
キャッシング 06 youbride(ユーブライド) ポリピュア ドリーム・トレイン・インターネット
DMM.com証券 レンタルサーバーならライブドア 生命保険の無料相談 FX
エステ 東京 Serum Dew トゥース 霧島火山岩 深層水
posted by 銀河流星 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セレオ八王子北館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック