2012年10月09日

2012年10月25日セレオ八王子北館にオープンする「京王百貨店 セレオ八王子店」のホームページが開設

 2012年10月25日セレオ八王子北館にオープンする京王百貨店セレオ八王子店ホームページが開設されていましたわーい(嬉しい顔)

 営業時間が午前10時〜午後9時までとなっており、夜遅くまで開いているのは有り難いですねexclamation×2

 百貨店業界は、郊外の大型ショッピングセンターなどに圧迫され、ピークだった1991年(9兆7130億円)の約3分の2水準に売上が落ち込み、15年連続で前年実績を下回っているそうです。(2011年の全国百貨店売上高は6兆1525億円)

 今後、セレオ八王子北館に入る京王百貨店セレオ八王子店のように、生き残りをかけて初期投資があまりかからない小型店が主流になっていくのでしょうね。

京王百貨店 セレオ八王子店 http://info.keionet.com/hachioji/index.html
京王百貨店セレオ八王子店.jpg

【参照記事】
「小型店を充実 100店規模目指す」三越伊勢丹ホールディングス・大西洋社長
(2012年3月16日 産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120316/biz12031621480038-n1.htm

 −−社長就任から1カ月が経過した

 「好転の兆しはあるが、デフレに欧州債務危機など、なお厳しい環境が続いている。まずは比較的好調な(東京・銀座、日本橋、新宿の)首都圏3店舗で確実に稼ぎ、地方の店舗はプラスマイナスをゼロとする水準を維持したい」

 −−昨年5月にオープンしたJR大阪三越伊勢丹は苦戦が続いている

 「商圏が広がらず、収益の見込みを従来の6割に変更せざるを得なくなった。開業1年となる今春をめどに改めて検証し、店全体の考え方を変える。テナント貸しは考えていない」

 −−百貨店市場は、昨年まで15年連続の前年割れだ

 「旧態依然とした構造のまま、各社が同質化していた。商品とサービスの質を高めることで抜け出したい。新機軸の一つが小型店の充実だ。お客さんとの接点を増やし、食品や日用品がそろう数百平方メートル規模の店を多く出したい。新規出店のほか、旧三越のサテライト店を改装するなどして、将来的に100店規模の態勢とする」

 −−シニア消費への期待が高まっている

 「60歳以上の『団塊の世代』は百貨店の主要顧客でもあり、今後バリアフリーなど住宅のリフォーム需要が見込める。旧三越と旧伊勢丹で対応していたリフォーム部門を統合した新業部を4月に立ち上げる。旅行や健康、暮らしなどシニア向けのトータルサービスを担当する部署に発展させたい」(佐久間修志)

コーディネート ボクサーパンツ SPUTNICKS infoabso mens egg プレミアムブラックシャンプー メンズエステ MEN'S TBC 賃貸 埼玉
脱毛器 ジャパンネット法務事務所 独立開業 RealPlayer
posted by 銀河流星 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セレオ八王子北館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック