2012年10月01日

八王子市役所(八王子市元本郷町)の八王子駅周辺(八王子市明神町)への移転を考える

 八王子市役所は1951年から1983年9月まで、JR八王子駅から徒歩圏の八王子市本町にありましたが、その後、最寄駅がJR西八王子駅となる八王子市元本郷町に移転しました。

八王子市役所(撮影:銀河流星)
八王子市役所.JPG

 市役所が元本郷町に移転するまでは八王子駅から甲州街道への人の流れがありましたが、移転により人の動線が途切れ、甲州街道商店街が衰退する一因となりました。

 現在、八王子市中心市街地活性化を唱えていますが、そうであれば、まず率先して、八王子市役所八王子駅周辺に戻すべきです。

 高度成長期と異なり、今の日本は人口減少時代を迎え、かつ老齢人口の増加と、通信販売等の拡大で、どこの地域も実店舗の販売売上が減少するという現実に直面しています。「ハコを作れば魚が入る」という時代はとっくの昔に終わっています。

 要するに八王子駅周辺の商業を活発にするには、商業施設だけの力では難しく、八王子駅周辺に人の集まる施設を集中させ、商業施設を活性化させる方策が必要です。その集客マシーンの一つとして八王子市役所自体が大いに中心市街地活性化に役立つのです。

 2012年7月、町田市役所の新庁舎が完成、移転しましたが、町田市役所はセントラルステーションの町田駅から徒歩10分内の場所にあります。八王子市が本気で中心市街地活性化を考えているならば、町田市に見習うべきでしょう。

 人を集める施設としては、市役所はもちろん、大病院シネマコンプレックス学校テーマパーク動物園美術館・博物館スポーツ施設図書館コンサートホール、八王子の道路交通の要衝としての地の利を生かした大型バスターミナル超高層マンションなど様々なものがあると思います。実際、八王子駅南口に直結したオリンパスホール八王子(2011年開館)は、大きく八王子駅への集客に貢献しています。

 そして、八王子市役所移転場所は、八王子駅周辺のまとまった土地として、八王子市明神町地裁跡地しかありません。

地裁跡地(撮影:銀河流星)
地裁跡地.JPG
地裁跡地1.JPG

 同地の敷地面積は約8500u京王線八王子駅に近く、敷地南側が国道20号(甲州街道)に接しています。八王子市は、このうち敷地東側の約5000uのみを取得するそうですが、すべての敷地を取得すべきです。

 同地には、八王子駅南口にある八王子税務署が移転してくるそうですが、八王子税務署のほかにメインとなる八王子市役所八王子市保健所八王子市郷土資料館などをすべて移転させ、八王子市ランドマークとなる超高層八王子市合同庁舎を地裁跡地に建設すべきです。

 八王子市は人口が約58万人。市は中核市移行を目指していますが、八王子市政令指定都市に匹敵する規模の自治体です。中核市移行後、八王子市がその後お手本とするのは、政令指定都市であり、政令指定都市規模に応じた市役所職員の意識改革や政令指定都市規模に相応しい市庁舎がどのようなものかを考えるべきでしょう。

 また中核市移行後、政令指定都市を目指す場合、日野市との合併も視野に入れないといけません。そういう意味からも八王子市役所を東に、日野市側にシフトしておく必要があります。

 八王子市日野市は、同じ南多摩地域であり、JR中央線京王線国道20号中央自動車道という交通動脈及び浅川という自然の流れによって、線としても緊密に繋がり市境(面)も多く接する自治体同士です。

 八王子市高倉町・日野市旭が丘付近では、街が完全に連たんしており、また、八王子市石川町・日野台付近では、同一の工場地帯を形成し、生活圏の一体化と街の融合度合いの高さの例は、枚挙に暇がありません。
出典:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/soshiki/seisakushingishitsu/kenkyukaigi/0206.pdf#search='八王子%20日野%20合併%20案'

 要するに、八王子市役所八王子駅周辺への移転の意味には、中心市街地活性化の側面と、将来の政令指定都市移行の布石という二つの大きな意味合いがあります。

【関連ブログ】
八王子市が、2014年4月に中核市移行を明らかに
http://welovehachioji.seesaa.net/article/276328183.html

コーディネート ボクサーパンツ SPUTNICKS infoabso mens egg プレミアムブラックシャンプー メンズエステ MEN'S TBC 賃貸 埼玉
脱毛器 ジャパンネット法務事務所 独立開業 RealPlayer
posted by 銀河流星 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
八王子市役所の移転を進めた1980年前後は鰻登りの状況でしたので
今の社会状況など考えも着かなかったでしょうけれど
八王子市役所の再移転はいまさら非現実的でしょう。明らかな二重投資になります。
現市役所自体大規模改修を行ったばかりですし、地裁跡地では狭すぎで収まりません。
出来うる範囲での対応が南口総合事務所の開設だったのでは?
Posted by 高尾連峰 at 2012年10月01日 09:44
高尾連峰さま、コメントありがとうございます。

おっしゃる通り今すぐ移転となると明らかな二重投資になり無駄です。
八王子市役所は竣工してまだ29年しか経っていません。

町田市役所(築42年、2012年新庁舎)、立川市役所(築40年、2010年新庁舎)ですので、八王子市役所も新庁舎建設となればあと10数年は時間が必要となります。
ただ10数年後に、八王子市役所を八王子駅周辺に再移転させるためのビジョンを持ち、土地を取得しておく必要があります。

八王子駅周辺で、まとまった土地といえば、地裁跡地、八日町のたましんの建替え予定地、医療刑務所跡地などが考えられると思います。

他にも候補となる適地があれば選択肢が広がるのですが……。
Posted by 銀河流星 at 2012年10月01日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック