2012年06月18日

指揮者の西本智実が、八王子芸妓衆を出演者に加え、オペラ「蝶々夫人」公演(於・オリンパスホール八王子)

 八王子芸者が出演するオペラ公演蝶々夫人」が、2012年11月24日・25日の2日間、JR八王子駅南口のサザンスカイタワー八王子にある「オリンパスホール八王子」で上演されます。

 指揮者の西本智実が、芸術監督として全面的にプロデュースするオペラということで、話題性は抜群exclamation×2 見逃せませんねわーい(嬉しい顔)

【後続関連ブログ】
西本智実(芸術監督・指揮)のオペラ「蝶々夫人」が11月24日・25日、オリンパスホール八王子で開催。八王子芸妓衆も出演!
http://welovehachioji.seesaa.net/article/303312053.html

中央線ポスターとなった八王子芸者衆(撮影:銀河流星)
八王子芸者.JPG

 八王子芸者については、以前、このブログでも紹介していますよわーい(嬉しい顔)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/196349244.html
http://welovehachioji.seesaa.net/article/258923176.html

【記事】
本物の芸者がオペラ出演…東京・八王子(2012年6月14日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/otona/news/20120614-OYT8T00427.htm

西本智実.jpg

 指揮者西本智実さん=写真=が、八王子芸妓衆を出演者に加えたオペラの制作に乗り出した。作品は芸者を主人公にした「蝶々夫人」。本物の芸者を登場させる演出は過去に例がないといい、西本さんは「地元の伝統文化と西洋の文化を組み合わせることで新しい芸術が生まれるはず」と話している。作品は11月24日から2日間、東京・JR八王子駅南口の「オリンパスホール八王子」で上演される。

 イタリアの作曲家プッチーニによる「蝶々夫人」は、明治時代の長崎を舞台に、芸者の蝶々さんとアメリカの海軍士官との悲劇的な愛を描いた名作だ。西本さんが芸術監督として全面的にプロデュースし、オペラ演出家粟国淳さんが演出を担う。八王子芸妓衆はゲストとして出演、舞踊などの芸事を披露する予定だ。

 また、今回のオペラ制作では西本さんの発案により、市民を対象にした立ち稽古の見学ツアーや、公演終了後の舞台裏見学ツアーなども企画している。「一般的に、オペラの制作過程を公開することはまずない」(西本さん)が、市民の参画を促すことで、より作品に共感してもらいたい考えだ。

 西本さんは、八王子市学園都市文化ふれあい財団の委託を受けて、昨年、同ホールでクラシックコンサート3公演をプロデュースした。オペラの制作も予定していたが、東日本大震災に伴う計画停電の見通しが不透明だったことなどから、昨年は断念していた。

 西本さんは、「八王子での念願のオペラ事業をようやく始動できた。十分に八王子の特色を生かした作品に仕上げたい」と意気込んでいる。

 チケット発売は17日。問い合わせは同財団(042・621・3005)へ。

転職サイトはDODA フレッツ光 NHK英会話 べジーデル酵素液
キャッシング 06 youbride(ユーブライド) ポリピュア ドリーム・トレイン・インターネット
DMM.com証券 レンタルサーバーならライブドア 生命保険の無料相談 FX
エステ 東京 Serum Dew トゥース 霧島火山岩 深層水
posted by 銀河流星 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック