2011年05月17日

八王子駅北口に「産業交流拠点」と「都市型広場」を整備

現在、八王子駅南口再開発も一服し、南口では2013年完成するJR貨物の大型商業施設の建設だけが残っている状況ですが、今度は、八王子駅北口の大型再開発が始まりそうです。
産業交流拠点」と「都市型広場」が整備されるそうです。コンベンション機能なども備えているようで宿泊施設も必要になるでしょうから、ぜひハイアットホテルのようなラグジュアリーホテルを一緒に建設してほしいですね。
波及効果として、高尾山観光する外国人観光客も八王子駅に引き寄せられると思います。そして南口のサザンスカイタワー八王子建設時にも話が出ていた展望台(八王子タワー)を必ずこの拠点施設に設置すべきで、観光の目玉にしましょう。
八王子駅周辺は南北の再開発で、今後、劇的に変化するでしょうね。

八王子北口の新たなまちづくり構想案まとまる(2011年2月10日 八王子テレメディア)
http://www.htmnet.ne.jp/local_info/topics/detail/1237212_21022.html

この度、八王子駅北口の新たなまちづくりの構想案がまとまりました。構想案によると、「都立産業技術研究センター八王子支所」跡地と隣接する「八王子市保健所」と「東京都合同庁舎」そして、民間地権者が所有する土地およそ2.7ヘクタールを「産業交流拠点」と「都市型広場」を整備するとしています。

具体的には、東京都が所有する産業技術研究センター跡地およそ1.8ヘクタールに、産業展示場などの新設を計画しています。なお、この計画は東京都が2006年に策定した「10年後の東京」にも記載されており、完成すると、多摩地域で初の産業交流拠点になるということです。

4日には、構想案作成に尽力した「旭町・明神町地区周辺まちづくり構想検討委員会」の関係者が市役所に訪れ、黒須市長に構想案を提出しました。検討委員会は、行政・商工会議所・地元企業・商店会関係者で組織し、2009年12月に発足。委員会ではこれまでに懇談会を含め、会議を9回開き、1年以上かけて議論を重ねてきました。
なお、市では、2011年度から、東京都と民間地権者との協議を積極的に進める方針としています。

【関連記事】
東京都 八王子市に産業交流拠点 産技研八王子庁舎敷地など核に構想(2008/05/26建設工業)

東京都は、JR八王子駅と京王線京王八王子駅の間に位置する都有地を核にした大規模開発事業の検討に着手する。対象は都立産業技術研究センター八王子庁舎などの都有地とその隣接地にある民有地を合わせた約2・1ヘクタール。地元の中小企業の情報交換など産業交流の機能を備えた施設の整備を想定しており、早ければ7月に事業の具体化に向けた調査に入り、民間活力の導入を含めた事業手法や具体的な施設機能などを検討する。来年度以降に都市計画手続きや既存建物の解体などに移行する。

 検討対象の土地は、JR八王子駅北口の北東約500メートルの場所に位置する産業技術研究センター八王子庁舎(八王子市明神町3の596の1、約1ヘクタール)と、同センター東側に隣接する八王子合同庁舎(約0・5ヘクタール)、これら都有地の西側に隣接する民有地(約0・6ヘクタール)の合計約2・1ヘクタール。JRと京王線の八王子駅を結ぶ地域の中核道路である東放射線アイロード沿いに位置し、開発ポテンシャルは高い。敷地は近隣商業地域に指定され、容積率の上限が300%のため、事業が具体化した場合、約6万平方メートル規模の建物の建設が可能だ。

 都は、推進中の多摩地域の産業振興策「多摩シリコンバレー構想」に基づく拠点施設として活用する計画で、現八王子合同庁舎内にある機能のほか、地元の中小企業が情報交換できる機能やコンベンション機能などを備えた産業交流施設の建設を想定している。現産業技術研究センター八王子庁舎は、庁舎の老朽化に伴い09年度に昭島市の旧都立短期大学跡地への移転が決まっているため、都は敷地活用策の結論を早期に固める考え。

転職サイトはDODA フレッツ光 NHK英会話 べジーデル酵素液
キャッシング 06 youbride(ユーブライド) ポリピュア ドリーム・トレイン・インターネット
DMM.com証券 レンタルサーバーならライブドア 生命保険の無料相談 FX
エステ 東京 Serum Dew トゥース 霧島火山岩 深層水
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック