2021年01月31日

八王子中屋ボクシングジム(八王子市南町)所属のプロボクサー佐々木尽さんが、日本ユース・スーパーライト級のタイトル獲得!

 八王子中屋ボクシングジム(八王子市南町)所属のプロボクサー佐々木尽さん(都立八王子拓真高校4年生、19歳)が、2020年12月26日に墨田区で行われたボクシングの試合でTKO勝ちし、日本ユース・スーパーライト級のタイトルを獲得しました! あめでとうございます^^

 佐々木尽さんは八王子市別所在住。八王子から日本、ひいては世界チャンピオンが誕生するかもしれませんよ^^


【記事】
高校生王者が表敬訪問
(2021年1月28日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2021/01/28/560019.html

左から中屋会長、黒須後援会長、佐々木選手、石森市長、中屋チーフトレーナー
ロボクサーの佐々木尽さん.jpg

 昨年12月26日に墨田区で行われたボクシングの試合で、都立八王子拓真高校4年生で八王子中屋ボクシングジム(南町)に所属するプロボクサーの佐々木尽さん(19・別所在住)がTKO勝ちし、日本ユース・スーパーライト級のタイトルを獲得した。これで戦績は10戦10勝(9KO)。1月21日に八王子市長に表敬訪問を行った。

 同ジム後援会長の黒須隆一前市長も参加。「性格が良くてしかも強い。試合後も綺麗な顔をしている。打たれないこともボクシングの才能」と佐々木選手を絶賛。石森孝志市長は「八王子から世界チャンピオンが出たらいいね。頑張って。期待している」と話した。同ジムの中屋一生会長は、佐々木選手が10代であることを意識し、「誕生日の7月28日より前に日本、もしくは東洋太平洋タイトルに挑みたい」と話す。

 かつて、育て上げた選手を世界タイトルマッチに送り込んだことがあるチーフトレーナーの中屋廣隆前会長は、その際に勝つことができなかったことを振り返り、「世界チャンピオンを育てるには、(66歳の)自分にとって人生最後のチャンス」と期待を込めて話した。

試合の様子。左が佐々木選手(撮影・福田直樹).jpg
試合の様子。左が佐々木選手(撮影・福田直樹)

----------------------------------------------------------------------

※2020年10月5日よりYouTubeをはじめました。
宜しければ、YouTubeへのチャンネル登録にご協力お願いします!
Ryusei Ginga チャンネル登録↓
https://www.youtube.com/channel/UCY4Xc4gG4CfJbx15v88-5wA?sub_confirmation=1

2021年01月30日

ガスト八王子松木店(から好し取扱店)が、2月23日オープン!

 ガスト八王子松木店八王子市松木)が、2021年2月23日オープンします! 「夢庵 八王子松木店」の場所ですね。「から好し」のから揚げ取扱店ですよ^^

ガスト八王子松木店
https://store-info.skylark.co.jp/gusto/map/018891
ガスト八王子松木店.jpg

----------------------------------------------------------------------

※2020年10月5日よりYouTubeをはじめました。
宜しければ、YouTubeへのチャンネル登録にご協力お願いします!
Ryusei Ginga チャンネル登録↓
https://www.youtube.com/channel/UCY4Xc4gG4CfJbx15v88-5wA?sub_confirmation=1
posted by 銀河流星 at 00:00| Comment(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

ギャラリー芙蓉(八王子市横山町)で「第2回八王子ゆかりの絵描きたち展」開催中。2月2日まで

 ギャラリー芙蓉八王子市横山町)で「第2回八王子ゆかりの絵描きたち展」が、2021年2月2日まで開催中です!

 八王子に縁のある、戦前から戦後の時代に活躍し昭和末から平成にかけて亡くなった13人による作品を展示しています。油彩を中心に25点。皆さん、ぜひご鑑賞ください^^


【記事】
地元ゆかり13人の25点
(2021年1月28日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2021/01/28/560014.html

 横山町にある「ギャラリー芙蓉」で2月2日(火)まで「第2回八王子ゆかりの絵描きたち展」が開催されている=写真。
第2回八王子ゆかりの絵描きたち展.jpg

 出身など八王子に縁があり、戦前から戦後の時代に活躍し昭和の末から平成にかけて亡くなった13人による作品を展示。油彩を中心に25点。

 ギャラリーは1975年に始まり一度休廊したが2010年に再開した。「美術家の人たちが気軽に来て、美術談義の花を咲かせられるサロン」という前画廊主の意思を引き継ぎ、市内の美術家らが運営を続けた。現在は学芸員の岩間幸雄さんがオーナーを務めている。

 今回の展示は2年前の前回に続き岩間さんが、作家の遺族らをたどり作品を集めた。「多くの人にこのように八王子で活躍された方がいたことを知って欲しい。今、絵を描いている人にはとても参考になる作品ばかりです」と話した。

 午前11時から午後6時まで。最終日は4時まで。問い合わせは【電話】042・623・9013へ。

◆展示作家と主な展示作品(作成年)/朝倉雄二「かぼちゃ」(1980〜88)、大野五郎「裸婦」(91)、小川隆司「裸婦」(82)、城所祥「静物」、後藤啓八郎「夕暮れの木立」(77)、栗原虹児「冬の知床岳」、小林孝次「卓上の果実」(95)、谷沢鉄三「無題I」、塚本文夫「桜島」(80)、中山竜史「百合」、原光子「風景」、原田成大「桃」(93)=画像、森田義男「人形」(81)

----------------------------------------------------------------------

※2020年10月5日よりYouTubeをはじめました。
宜しければ、YouTubeへのチャンネル登録にご協力お願いします!
Ryusei Ginga チャンネル登録↓
https://www.youtube.com/channel/UCY4Xc4gG4CfJbx15v88-5wA?sub_confirmation=1
posted by 銀河流星 at 00:00| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする