2020年01月22日

八王子市が給食センター整備に100億円。給食センター5カ所推進へ。叶谷町と南大沢は既に着工

 以前ブログで【八王子市が、3年間で市内7カ所に食育センターを整備。1センター当たりの事業費は8億〜9億円】(2017年12月20日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/455597274.html

 このときは、給食センターの場所が非公表・未定でしたが、その後、明らかになっています。

 八王子市中学校向け給食センター整備に投じる総事業費は、約100億円。2019年3月に、叶谷町南大沢の計2カ所で着工しています。

 2020年3月ごろに元横山町、2021年度に楢原町で順次着工を迎えます。このほか残り1カ所の建設も含め、計5カ所で全1万5000食の給食供給能力となる見込みだそうです(^^)

 早く温かい給食を中学生に届けたいですね(^^)


【記事】
5施設で事業費100億/給食センター整備推進/八王子市
(2019年11月11日 建設通信新聞)
https://www.kensetsunews.com/archives/386165

元横山給食センター外観パース
元横山給食センター外観パース.jpg

 東京都八王子市は総事業費約100億円を投じ、中学校向け給食センター整備を推進している。3月に着工した叶谷町と南大沢計2カ所の施設整備を皮切りに、2020年3月ごろに元横山町、21年度に楢原町で順次着工を控える。このほか残り1カ所の建設も含め、計5カ所で全1万5000食の給食供給能力となる見込みだ。

 第3弾となる「(仮称)給食センター(元横山)新築工事」「同給排水衛生設備その他工事」「同空調換気設備その他工事」の一般競争入札3件を公告した。総合評価落札方式を適用する。参加申請書はいずれも18日まで電子入札システムで受け付け、新築工事は18日、給排水と空調換気は20日に開札する。予定価格は、建築が7億3018万円(税別)、給排水が4億6051万円(同)、空調が3億1415万円(同)。参加形態は単体か2社JV。

 工事概要は、S造2階建て延べ2364uの学校給食センターなどの建築と関連工事。1日当たり2800食を供給する。工期は21年6月18日まで。

 工事場所は元横山町1−63−9ほかの敷地3221u。このうち1622uを建築面積に充てる。

 第4弾の楢原町は、20年度実施設計、21年度着工を予定している。最終となる5カ所目は市有地の中から建設地を選定中。19年度中には決める予定だ。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする