2020年01月11日

建設中の「産業交流拠点(仮称)及び八王子合同庁舎」(明神町)に続く、第2弾「旭町・明神町」再開発は、商業施設・オフィス・ホテル・マンション等へ

 以前ブログで【東京都「産業交流拠点」計画の概要が明らかに。明神町に多摩地域最大規模で。2018年度着工、21年度完成へ】(2017年09月15日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/453490286.html

 現在、JR八王子駅北口では、「産業交流拠点(仮称)及び八王子合同庁舎」(八王子市明神町)の建設が進んでいます。完成は2022年2月

建設の進む「産業交流拠点(仮称)及び八王子合同庁舎」(2019/12/28撮影・銀河流星)
産業交流拠点施設1.JPG
産業交流拠点施設2.JPG
産業交流拠点施設3.JPG

 「産業交流拠点(仮称)及び八王子合同庁舎」の完成後には、近接する八王子市保健所(八王子市旭町)と東京都八王子合同庁舎(八王子市明神町)が移転入居するため、2施設の跡地がそれぞれ再開発されます。

 八王子市の発表では、2施設跡地の再開発として、商業施設・オフィス・ホテル・マンションなどを想定しています。

 私が伝え聞いた情報では、アイロードに面する八王子市保健所跡地エリアに、商業施設・オフィス・ホテルの複合高層ビル。また東京都八王子合同庁舎跡地エリアにはタワーマンションが、それぞれできるとのことです。

 ところで、八王子市保健所跡地エリアは、京王八王子駅JR八王子駅を結ぶ動線となっており人通りも多い。商業施設の中に市民からの要望も多いシネコンは優先して入れるできです。

 また商業施設の中に、大学生などの若者が滞留できるラウンドワンなどのボウリング・アミューズメント企業も入れるべきです(2019年閉店したラウンドワン八王子は駅から離れすぎていました)。
 これによって八王子市保健所跡地エリアの活性化がより計れるはずです。

 とにかく、今後も継続して八王子駅周辺の再開発は進められて行きます。10年後には八王子駅周辺は大規模化し、驚くほどに変わっていると思いますよ(^^)


【記事】
合庁、保健所跡を再開発/商業、業務拠点整備/八王子市の旭町・明神町エリア
(2020年1月9日 建設通信新聞)
https://www.kensetsunews.com/archives/407181

エリア図
八王子市の旭町・明神町エリア 再開発.jpg

 東京都八王子市は、旭町・明神町約12ha内の2カ所で今後再開発を進める考えだ。商業・業務・宿泊・住宅などからなる再開発施設を想定する。現在都は、このエリア内で「産業交流拠点(仮称)及び八王子合同庁舎(30)新築工事」を2022年2月完成を目指し建設中。

 同施設には、近接する東京都八王子合同庁舎、八王子市保健所も入居するため、機能移転後2施設が跡地化する。市は、「にぎわい・交流・憩いのまち」を実現するため、跡地となる2カ所で再開発施設建設を目指す。 

 再開発検討エリアのうち、1カ所は新設する産業交流拠点施設の西側に位置し、東放射線アイロードの南側に接する三角形のエリア。同エリア北側の保健所(旭町13−18)は市有地だが、そのほかの土地は複数の地権者が所有している。もう1カ所は、産業交流拠点施設の東側の合同庁舎(明神町3−19−2)が位置するエリア。土地は都が所有している。
 
 それぞれのエリアで都や地権者と協議の上、今後再開発を進めていきたいとしている。
 
 このほか12ha内には、「京王駅前商業・業務ゾーン」「JR北口駅前商業・業務ゾーン」「生活利便複合ゾーン」があるが、こちらは検討段階に至っていないため、まずは2カ所の再開発を計画する「商業・業務拠点ゾーン」の整備を目指す。
 
 関連して市は、「旭町・明神町地区開発に伴う交差点交通処理検討業務委託」を指名競争入札した結果、260万円(税別)のトーニチコンサルタントを落札者に決めた。