2019年12月24日

八王子出身のプロレスラー「高橋ヒロム」(新日本プロレス)が、ケガから本格復帰。2020年1月4日、東京ドームでタイトルマッチ

 八王子出身のプロレスラー高橋ヒロム」(新日本プロレス)が、ケガから本格復帰。2020年1月4日東京ドームタイトルマッチが行われます。

 皆さん、ぜひ応援しましょう(^^)

新日本プロレス https://www.njpw.co.jp/231164

高橋ヒロムTwitter https://twitter.com/TIMEBOMB1105?lang=ja


【記事】
限界の淵を見た男、高橋ヒロムが東京ドームで掴む2つの「栄光」
(2019年12月23日 Rolling Stone Japan)
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/32745

高橋ヒロム(Photo by Shuya Nakano)
高橋ヒロム(Photo by Shuya Nakano).jpg

次々と新たなスターが生まれる新日本プロレスにおいて、致命的ともいえる約1年半のブランク。事実、この間に新日本プロレスを知った数多くのファンにとってジュニアヘビー級の超新星「高橋ヒロム」の名は、幻となりかけていた。

それだけに、2019年11月3日の大阪大会で突如ファンの前に姿を現し、見事なバンプ(受け身)を披露した彼の姿は、大きな衝撃だった。サンフランシスコでのアクシデントから1年半。彼は何を思い、そして何を目指していたのだろうか。2020年1月4日の東京ドーム大会、しかもタイトルマッチというこれ以上はない舞台を目前に控えた高橋ヒロムの心中を直撃した。

「引退試合」として闘い抜いたサンフランシスコでのタイトル戦

─2018年7月7日、サンフランシスコで行われたIWGPジュニアヘビー級選手権の試合中に受けた首の負傷により、約1年半という長期欠場から、ついに復帰することになりました。長期欠場を経験したレスラーの中には、欠場中は敢えて試合の映像やニュースを観ないようにしていた人もいるようですが、ヒロム選手の場合はどうでしたか?

ヒロム 俺の場合は、どっちもあったかなという感じですね。1年半っていうホントに長い間だったので、正直途中で(プロレスから)距離を置いていた時期もありましたよ。

─具体的には、いつ頃なんでしょう。

ヒロム 最初に心が折れたのは、ニューヨークであったマディソン・スクウェア・ガーデンの大会(2019年4月)に出られないことが確定したときですね。そこから、BEST OF THE SUPER Jr.(5月〜6月/ジュニアヘビー級のシングル・リーグ戦)の間くらいまでが、いちばん気持ちが離れてしまっていた時期だと思います。

─逆に言うと、それまでの間は心が折れていなかったと。

ヒロム はい。気持ち的には、2019年のイッテンヨン(東京ドーム大会)で復帰する予定でいたので。

─なんと。それって首の怪我からの復帰としては、かなりの早業じゃないですか。

ヒロム そうなんですよね。でも、自分の中では復帰する気満々でしたから。確かに試合でケガをした瞬間は「これで引退するんだな」と思いましたよ。(アメリカの病院に)入院したときも3日間絶対安静で、その間に何かあったら、もう体が動かせないかもしれないよって言われましたし。

─僕らファンも、あの時は正直もうダメなんじゃないかと思っていました。

ヒロム でも、奇跡的にアメリカの病院は3日で退院できたんです。幸い、首の骨折だけで済んだので。まさに絶望から大逆転の3日間じゃないですか。だからその時は調子に乗って、東京ドームどころか7月22日の八王子大会で復帰戦だなとか思ってて。俺、地元が八王子だから(笑)。

─骨折“だけ”って! それだけでも十分すぎる大ケガだし、なんなら打撲のダメージだって、そんなに短期間では全快しないですよね? いくらプロレスラーだって。

ヒロム そうなんですけど、なにしろケガした瞬間は、マジで引退だと思ってましたからね。全身に痛みが走るというか、体が熱くなって動けなくなったんです。

─話を聞くだけでも恐ろしい。

ヒロム で、これはもう終わりだなと思って一度はレフェリーに試合を止めてくれって頼んだんですけど……その一瞬後で気づいたんですよ。これが引退試合になるんだったら、カッコつけとかないと面白くないなって。それですぐに続行をお願いして、タイトル防衛して、控室に戻ってから倒れたんです。

─想像を絶する激痛だったと思うのですが、よくそこまで冷静な判断ができましたね。

ヒロム 中途半端な痛みだったら、逆に試合を止めてもらっていたかもしれないですね。逆に「もうダメだ」と思ったからこそ、最後をきれいに飾っておきたかった。今思えば、レフェリーにも申し訳ないことしましたよね。場合によっては、試合続行の判断を責められても不思議じゃなかったわけですから。でも、俺はあのとき続行を認めてくれたことに、心から感謝しています。

※次ページ
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/32745/2/1/1

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/32745/3/1/1

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/32745/4/1/1
─確か、以前からマキシマム ザ ホルモンのファンでしたよね。

ヒロム そうなんですよ。同じ八王子出身っていうこともあって、俺の中では神的存在です。そのボーカルのダイスケはんと、知り合いになれたわけですから。しかも、ダイスケはんと山村さん、両方の復帰ライブを観ることもできたんです。彼らの“復帰戦”には、大きな刺激をいただきましたよ。俺も負けてられないなぁって。

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/32745/5/1/1
高橋ヒロム(たかはしひろむ)
1989年、東京都八王子市出身。デビュー当初から負けん気の強いファイトとアピールの強さで注目を集め、2012年には直訴によりBEST OF THE SUPER Jr.初出場を決める。2013年から海外修業へ旅立ち、メキシコではマスクマン「カマイタチ」として活躍。2016年の凱旋帰国後から現在のリングネームとなりロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン入り。2017年にIWGPジュニアヘビー級を初戴冠。2018年7月から長期欠場に入り、2019年12月19日後楽園ホール大会で復帰。2020年1月4日の東京ドーム大会ではIWGP Jr.ヘビー級王座に挑戦する。
----------------------------------------------------------------

<INFORMATION>

WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム
2020年1月4日(土) OPEN 15:00 / START 17:00
2020年1月5日(日) OPEN 13:00 / START 15:00

【高橋ヒロム選手出場試合】
2020年1月4日(土)
IWGPジュニアヘビー級選手権試合
60分1本勝負
ウィル・オスプレイ(第85代チャンピオン)vs 高橋ヒロム(挑戦者)

2020年1月5日(日)
獣神サンダー・ライガー引退試合U
60分1本勝負
獣神サンダー・ライガー&佐野直喜with藤原喜明 vs 高橋ヒロム&リュウ・リー

https://www.wrestlekingdom.jp/