2019年11月05日

JR八王子駅南口の東側、旧八王子機関区周辺道路の拡幅工事が進行中。2019年12月23日完了へ

 以前ブログで【セレオ八王子南館から、旧八王子機関区に沿って、野猿街道が交差する地点まで道路工事が進行中。大規模開発への布石か】(2016年08月22日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/441298226.html

 その続報です。遅々として進まなかった上記のJR八王子駅南口の東側、旧八王子機関区周辺道路の拡幅工事ですが、看板がたちました。

 発注者はJR貨物(日本貨物鉄道)、施工者は鉄建建設、工事期間は、2019年12月23日までとなっています。

 この道路工事が完了すれば、旧八王子機関区エリアまでのアクセス道路が完成するので、再開発の手が入ることでしょう。

 線路を挟んで反対側、JR八王子駅北口の明神町では、多摩地区最大の展示場・コンベンションセンターからなる東京都の「産業交流拠点」施設の工事が進んでいます。

 ですからこの場所に、個人的にはラグジュアリーホテルの建設、または大企業の本社高層ビル、あるいは大学の高層タワーキャンパスをお願いしたいですね。

 さらには将来、JR八王子駅と連絡する多摩都市モノレール八王子ルートの駅敷地も確保しておきたいところです。

JR貨物 https://www.jrfreight.co.jp/


旧八王子機関区周辺道路の拡幅工事(撮影:銀河流星)
旧八王子機関区周辺道路の拡幅工事1.JPG
旧八王子機関区周辺道路の拡幅工事2.JPG
旧八王子機関区周辺道路の拡幅工事3.JPG
旧八王子機関区周辺道路の拡幅工事4.JPG
旧八王子機関区周辺道路の拡幅工事5.JPG
旧八王子機関区周辺道路の拡幅工事6.JPG