2019年10月20日

プロ1年目のサーファー、八王子の加藤翔平(15歳)くんが「ワールドジュニア」代表に!

 以前ブログで【「第51回全日本サーフィン選手権」キッズクラスで、中山中学校1年生の加藤翔平(かとうしょうへい)君が優勝!】(2016年09月24日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/442296078.html

 今年から国内ツアーを回り始めたプロ1年目の八王子加藤翔平(15歳)くんが、2019年11月末から台湾で行われるワールド・サーフ・リーグ(WSL)主催の「ワールド・ジュニア・チャンピオンシップ(WJC)」代表となりました(^^)

 加藤翔平くんにとっては、初めての世界大会代表となります。以前ブログで紹介したときはキッズクラスだったのに、もうプロになっていたのも驚きですが、「ワールドジュニア」代表になるなんて感動ですね(^^)

 皆さん、ぜひ応援しましょう(^^)


【記事】
プロ1年目15歳加藤翔平 強豪抑え、世界大会初代表入り
サーフィンホワイトバッファロー日向プロ
( 2019年10月19日 スポニチ)
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/10/19/kiji/20191019s00106000270000c.html

<ホワイトバッファロー日向プロ>ジュニア男子で決勝進出を決めた加藤翔平(撮影・北條 貴史)
Photo by スポニチ
加藤翔平 サーフィン 八王子.jpg

スポニチ後援サーフィンホワイトバッファロー日向プロ第4日 ( 2019年10月19日 宮崎・お倉ケ浜海岸 )

 11月末から台湾で行われるワールド・サーフ・リーグ(WSL)主催のワールド・ジュニア・チャンピオンシップ(WJC)代表選考会が準決勝まで行われ、男子は今年から国内ツアーを回り始めたプロ1年目の加藤翔平(15)が自身初の世界大会代表入りを決めた。

 決勝進出を決めれば代表に選ばれる条件で迎えた準決勝は、同ヒートに18年ISA世界ジュニア優勝の上山キアヌ久里朱(くりす、18)と、18年WJC準優勝の安室丈(18)が控える厳しい組み合わせ。上位2人が次戦に進める勝ち上がり方式で、誰もが本命2人の勝利を感じていたが加藤が躍動した。「とにかく早めに1本乗って、体を動かしていく戦略だった」と用意していた作戦はぴたり。1本目と2本目で高得点を叩き出し首位に立つと、そのまま勝ち切った。

 試合終了後には喜びを爆発させ、大きなガッツポーズ。「ワールドジュニアに行くのが今年の目標だったので、本当に嬉しいの言葉しかない」と涙をにじませた。海のない東京都八王子市出身の原石は「将来は最終的にCT(チャンピオンシップツアー、プロのトップリーグ)に行きたい。これが人生の一歩」と夢を語った。

2019年10月19日

オリンパス技術歴史館「瑞古洞」が10月11日、「オリンパスミュージアム」にリニューアルオープン

 以前ブログで【オリンパス技術歴史館「瑞古洞(ずいこどう)」(八王子市石川町)が、2013年10月1日より一般公開】(2013年09月28日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/376057850.html

 そのオリンパス技術歴史館「瑞古洞」が、「オリンパスミュージアム」(八王子市石川町)として生まれ変わり、2019年10月11日にリニューアルオープンしました(^^)

 今回のリニューアルで、オリンパス創立100年間の偉業・挑戦・夢を「みる」ミュージアムへと変わったそうです。皆さん、ぜひお立ち寄りください(^^)

オリンパスミュージアムWEBサイト https://www.olympus.co.jp/technology/olympusmuseum/


【記事】
オリンパスは10月12日、創立100周年を迎えます
10月11日「オリンパスミュージアム」、リニューアルオープン
(2019年10月10日 オリンパス)
https://www.olympus.co.jp/news/2019/nr01400.html

ミュージアム入口
オリンパスミュージアム入口.jpg

ミュージアム館内
オリンパスミュージアム館内.jpg

オリンパス株式会社 (社長:竹内 康雄) は、10月12日に創立100周年を迎えます。それに伴いオリンパス技術歴史館「瑞古洞」が「オリンパスミュージアム」として生まれ変わり、10月11日にリニューアルオープンします。

オリンパス株式会社は、1919年に設立(設立当時:高千穂製作所)し、10月12日に創立100周年を迎えます。顕微鏡の国産化を目指して設立され、その翌年には当社初の製品となる顕微鏡「旭号」が世に出されました。その後、顕微鏡で培った光学技術により開発した写真用レンズ「瑞光」を搭載した初号機である「セミオリンパスT型」、1950年には内視鏡の前身となる世界で初めての胃カメラを実用化させました。
当社は、これまでの歩みを通して数多くの「世界初」を世に送り出し、医療・科学・映像の分野において社会に価値をもたらす革新的な製品やサービスを提供してきました。次の100年に向けて私たちの存在意義である「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」を全うするために革新的な企業文化を醸成し、持続可能なグローバル・メディカル・テクノロジーカンパニーとして成長を続けます。
オリンパスは今後もさまざまな活動を通じて、社会に貢献してまいります。

(取締役 代表執行役 社長兼CEO 竹内 康雄のコメント)
2019年10月12日、おかげさまで当社は創立100周年を迎えます。日頃より当社の製品をご愛用いただいているお客様やステークホルダーの皆様に御礼申し上げます。我々はグローバル・メディカル・テクノロジーカンパニーになるべく、1月に「Transform Olympus」を発表しました。この取組みを着実に遂行し、次の100年に飛躍すべく、社員一同頑張ってまいります。
引き続き、ご支援くださいますようお願い申し上げます。

10月11日「オリンパスミュージアム」リニューアルオープン

オリンパスの技術歴史館として長年親しまれてきました「瑞古洞」が創立100周年に伴い、「オリンパスミュージアム」として生まれ変わります。瑞古洞では創業時から現在にいたるまでの製品を展示し、当社製品がどのように社会の発展に貢献してきたかを紹介してきました。
今回のリニューアルでは、創立から100年間築き上げてきた多くの方たちの偉業・挑戦・夢を「みる」ミュージアムへと変わります。創立時から培ってきた「オリンパスらしさ」を体験・体感することで、オリンパスの製品を理解して頂くことを目的としています。

オリンパスミュージアムWEBサイト https://www.olympus.co.jp/technology/olympusmuseum/

(主な特長)

1. 壁一面のデジタルウォール:製品と歴史を大型画面で振り返る

入口付近にデジタルウォールを新設。オリンパスが世に送り出した製品と時代の移り変わりを見ながら、大型画面で歴史を振り返ることができます。また画面はタッチパネルになっているので、デジタルウォールをタッチすることで、製品の特徴や製品にまつわる秘話も見て楽しめます。

2. 医療機器体験コーナーを常設:日常生活で触れられない医療機器を操作し、医療の進歩を学ぶ

日常生活で触れることのない消化器内視鏡、外科手術用機器の体験コーナーを常設。消化器内視鏡を食道から胃まで挿入できる模型を使って医療機器の体験ができます。医療への理解が深まるとともに、医学の進歩も学ぶことができます

3. ワークショップルームを併設:子供向けワークショップなどさまざまなイベントを開催

オリンパスミュージアム内にワークショップルームを併設。科学の面白さを小学生に体感してもらう「顕微鏡ワークショップ」や子供から大人まで学べる「体験楽習」※プログラム」を開催します。光に関するおもしろさを学んだ後、ミュージアム内にある体験コーナーで医療機器や顕微鏡、カメラを触れて知識を深めることができます。

※体験しながら、楽しく学ぶプログラム
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

中央大学が多摩キャンパス(八王子市東中野)に、2020年4月、グローバル館と国際教育寮を開設

 中央大学多摩キャンパス八王子市東中野)に、2020年4月グローバル館国際教育寮を開設します(^^)

 グローバル館の規模は、RC造7階建て延べ2900u。1階はサービスヤード、2〜3階と5〜6階は多目的教室、4階にグローバルラウンジや大学史展示コーナー、祈とう室、7階には国際会議や行事に対応可能な150人規模の多目的ホールが入ります。

 外国人留学生や研究者などを受け入れる国際教育寮は、RC造9階建て延べ約7400u規模で300室。1階に管理人室、メール室、ランドリー室、外国人研究者ゲストハウス2室、5階はコミュニティーラウンジ、多目的スペース、キッチンなどを配置、2〜9階は学生宿舎となります。

 加えて、延べ約1万2000u規模の「学部共通棟」も(^^)
 学部共通棟は、複数の学部が使用する教育研究施設。緑豊かな多摩キャンパスの入り口に、6階建て延べ約1万2000u規模の建物を整備。グローバル化を見据え、多様な背景を持つ学生がともに学習できる環境を創出します。こちらは2021年4月の供用開始を目指します。

 中央大学は、ますます発展し、良い環境の大学になっていきますね(^^)

中央大学 https://www.chuo-u.ac.jp/


【記事】
中央大学/多摩キャンパス新施設整備(東京都八王子市)/積水ハウスと竹中工務店に
(2019年10月3日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201910030401

国際教育寮の個室イメージ
国際教育寮の個室イメージ 中央大学.jpg

学部共通棟の外観イメージ
学部共通棟の外観イメージ 中央大学.jpg

 中央大学(東京都八王子市、大村雅彦理事長)が多摩キャンパス(東京都八王子市東中野742の1)で整備を計画する教育関連施設の設計・施工者が明らかになった。2棟総延べ約1万平方メートルの規模となる「グローバル館(仮称)」と「国際教育寮(仮称)」は積水ハウス、延べ約1万2000平方メートル規模の「学部共通棟(仮称)」は竹中工務店が担当する。

 グローバル館と国際教育寮は2020年4月の開設を予定する。グローバル館の規模はRC造7階建て延べ2900平方メートル。1階はサービスヤード、2〜3階と5〜6階は多目的教室となる。4階にグローバルラウンジや大学史展示コーナー、祈とう室、7階には国際会議や行事に対応可能な150人規模の多目的ホールが入る。

 外国人留学生や研究者などを受け入れる国際教育寮はRC造9階建て延べ約7400平方メートルの規模。300室を設ける。1階に管理人室、メール室、ランドリー室、外国人研究者ゲストハウス2室、5階はコミュニティーラウンジ、多目的スペース、キッチンなどを配置する。2〜9階は学生宿舎となる。

 学部共通棟は複数の学部が使用する教育研究施設となる。緑豊かな多摩キャンパスの入り口に、6階建て延べ約1万2000平方メートル規模の建物を整備する。グローバル化を見据え、多様な背景を持つ学生がともに学習できる環境を創出する。21年4月の供用開始を目指す。

 施設整備は中大が15年に制定した中長期事業計画「Chuo Vision 2025」の取り組みの一環。同キャンパスの将来像を「豊かな自然環境のナチュラルなイメージとダイバーシティーに富むグローバルキャンパス」と位置付け、教育研究環境のさらなる向上を図る。
posted by 銀河流星 at 07:15| Comment(0) | 学園都市 「八王子」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする