2019年06月12日

八王子駅北口に、フリースペース「楽廊(がろう)」(八王子市三崎町)が、6月1日オープン

 八王子駅北口、ライブハウス「MatchVox(マッチボックス)」「八王子RIPS(リップス)」などが入るヨーロービル(八王子市三崎町)3階に2019年6月1日、フリースペース「楽廊(がろう)」がオープンしました(^^)

 アコースティックライブやトークライブなどイベントのほか、プロモーションビデオなどの撮影や展示会、ダンスやヨガなどの教室利用なども見込んでいるそうです。

 こういうスペースは、地域の文化振興に大切です。今後もどんどん増えていってほしいですね(^^)

八王子フリースペース楽廊 (@fsgarou) | Twitter https://twitter.com/fsgarou


【記事】
八王子駅近くにフリースペース「楽廊」 アコースティックライブなど開催狙う /東京
(2019年6月12日  八王子経済新聞)
https://hachioji.keizai.biz/headline/2787/

イベントや展示などに利用できる「楽廊」
イベントや展示などに利用できる「楽廊」.jpg

 ライブハウス「MatchVox(マッチボックス)」「八王子RIPS(リップス)」などが入る八王子駅近くのヨーロービル(八王子市三崎町2)3階に6月1日、フリースペース「楽廊(がろう)」がオープンした。

 両店の店長を務める奥泰正さんが手掛ける同所。フロアの半分をイベントなど自由な目的で使えるようにしたもので照明なども用意する。今月18日20時からはオープン記念イベントとして、「八王子観光PR特使」を務めるバンド「フラチナリズム」によるネット配信番組「フラチナリズムのテレビでKAN&PAI」の公開生配信を行うほか、15日にはオープンマイクイベントの開催も決まっている。

 同じフロアへの事務所の移転に合わせて、フリースペースを作ったという。「3階がずっと空いていたので、ここも借りて何かやるかという話になった。半分は事務所、残りの半分でスペースを作ろうということで動き出した」と奥さん。「廊下は建物と建物をつなぐもの。楽しいをつないでいく、カルチャーをつないでいくというイメージから『楽廊』という名前にした」と話す。

 アコースティックライブやトークライブなどイベントのほか、プロモーションビデオなどの撮影や展示会、ダンスやヨガなどの教室利用なども見込む。「自由に使える広い空間としてやっていきたい。お客さまからの相談を受けて対応を検討することもできると思う。みんなで作っていき、新しいことに挑戦していきたい。新しいカルチャーにつながったり、まだ出会っていない八王子の面白い人と出会ったりできれば」と意気込む。

 24時間利用可能。予約や利用方法、料金については「やっていくうちに見えてくる」として、まだ決めておらず個別の相談に応じるという。問い合わせは「MatchVox」「八王子RIPS」のほか、同所のツイッターでも受け付ける。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする