2019年04月05日

イタリアンバル「Dolce Bar ADOMANI(ドルチェバール・アドマーニ)」(大横町)が、4月1日オープン

 イタリアンバルDolce Bar ADOMANIドルチェバール・アドマーニ)」(八王子市大横町)が2019年4月1日、グランドオープンしました(^^)

 いちょうホール通り沿いの八王子大横郵便局側に新たに設けられた複合施設「Piccolo Passo(ピッコロ・パッソ)」にオープンした同店は、ガラス扉を隔ててコインランドリーPashakara(パシャカラ)」と行き来ができるそうです。

 おもしろいお店がオープンしましたね(^^)


【記事】
八王子にコインランドリー併設のイタリアンバル 菓子やコーヒーにこだわり
(2019年4月3日 八王子経済新聞)
https://hachioji.keizai.biz/headline/2749/

扉を挟んでコインランドリーとつながる
イタリアンバル「Dolce Bar ADOMANI(ドルチェバール・アドマーニ)」.jpg

 イタリアンバル「Dolce Bar ADOMANI(ドルチェバール・アドマーニ)」(八王子市大横町)が4月1日、グランドオープンした。

 いちょうホール通り沿いの八王子大横郵便局側に新たに設けられた複合施設「Piccolo Passo(ピッコロ・パッソ)」にオープンした同店。ガラス扉を隔ててコインランドリー「Pashakara(パシャカラ)」と行き来ができる。国道20号(甲州街道)・南多摩高校前交差点側に店を構えるダイニングバー「Firenze BAR ADOMANI(フィレンツェバール・アドマーニ)」(明神町4)の2号店となる。

 カウンター6席を用意するほか、状況に応じてテラスや同施設2階のキッズスペースも利用できるようにする予定。「ドルチェバール」と銘打ち、特に菓子を充実。イタリアの伝統菓子「ズコット」(580円)を中心に、ティラミスやチーズケーキ、アフォガード(以上450円)などを取りそろえる。エスプレッソマシンも備え、イタリア産の豆を使ったエスプレッソ(250円)やアメリカーノ、カプチーノ、カフェモカ、紅茶やウーロン茶などさまざまドリンクメニューも用意する。

 14時まではウシの第4胃袋をメインにした煮込み料理「ランプレドット」のパニーニやパスタランチ、リゾットランチなどをランチメニューとして展開。ランチボックスに入れてテークアウトにも対応する。

 30〜40代の主婦層や近隣で働くサラリーマンなどをターゲットとし、客単価を1,000円程度とすることで気軽に利用できる店を目指す。フィレンツェバール・アドマーニの瀬間麻美代表は「ランドリーが併設されているので、待ち時間にも利用していただければ。1号店とは違いカフェがメイン。ドルチェにもっと力を入れていき、菓子作りのワークショップなどもやっていきたい」と話す。「アドマーニはイタリア語で『またね』『また明日』という意味。日々気軽に使っていただける店にしたい」とも。

 営業時間は11時〜17時。火曜定休。

--------------------------------------------------

※2018年10月1日より、ブログで紹介した八王子市内の町名を覚えることを推奨しています。
今回は「大横町(オオヨコチョウ)」です。

紹介した町名:
旭町(アサヒチョウ)」「東町(アズマチョウ)」「石川町(イシカワマチ)」「宇津木町(ウツキマチ)」「裏高尾町(ウラタカオマチ)」「大和田町(オオワダマチ)」「北野町(キタノマチ)」「椚田町(クヌギダマチ)」「子安町(コヤスマチ)」「散田町(サンダマチ)」「下恩方町(シモオンガタマチ)」「千人町(センニンチョウ)」「館町(タテマチ)」「台町(ダイマチ)」「長房町(ナガブサマチ)」「七国(ナナクニ)」「楢原町(ナラハラマチ)」「狭間町(ハザママチ)」「東浅川町(ヒガシアサカワマチ)」「東中野(ヒガシナカノ)」「堀之内(ホリノウチ)」「松木(マツギ)」「緑町(ミドリチョウ)」「南大沢(ミナミオオサワ)」「みなみ野(ミナミノ)」「明神町(ミョウジンチョウ)」「めじろ台店(メジロダイ)」「元八王子町(モトハチオウジマチ)」「元横山町(モトヨコヤマチョウ)」「鑓水(ヤリミズ)」「八日町(ヨウカマチ)」「横山町(ヨコヤマチョウ)」「万町(ヨロズチョウ)」
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする