2019年01月19日

八王子市みなみ野出身の関川郁万(いくま)選手が、J1・鹿島アントラーズ入団内定

 八王子市みなみ野出身で、流通経済大学付属柏高校関川郁万(いくま)選手が、「第97回全国高校サッカー選手権大会」で準優勝しました(^^)

 関川郁万選手は、J1・鹿島アントラーズに入団内定しています。皆さん、ぜひ応援してあげてくださいね(^^)


【記事@】
準優勝に貢献
(2019年1月17日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/01/17/465545.html

関川郁万(いくま)選手.jpg

 本紙元旦号で紹介したみなみ野出身の関川郁万(いくま)選手=写真=が活躍した。所属する流通経済大学付属柏高校(千葉県代表)が「第97回全国高校サッカー選手権大会」で準優勝した。

 2日の2回戦から登場した同校。優勝候補の前評判通り、順調に勝ち上がる中で、関川選手は守備の要としてチームを牽引。3回戦の星稜戦、準決勝の瀬戸内戦でヘディングゴールを決めるなどした。

 同選手は、J1・鹿島アントラーズ入りが内定しており、今後は舞台をプロの場に移し、さらなる活躍に期待がかかる。


【記事A】
みなみ野出身関川選手 「選手権リベンジ、優勝を」
サッカー 流経大柏センターバック

(2019年1月1日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/01/01/462851.html

関川郁万(いくま)選手 八王子.jpg

 12月30日に開幕し、首都圏で開催されている「第97回全国高校サッカー選手権大会」。激戦区の千葉県予選を勝ち抜いた昨年の準優勝校・流通経済大学付属柏高校の関川郁万(いくま)選手(3年生)=写真=はみなみ野出身。これまで世代別の日本代表にも選ばれ、J1・鹿島アントラーズへの入団が内定している。今大会、ディフェンダー(DF)として最も注目を集める選手の一人でもある。

―・―・―・―・―・―・

FC多摩で活躍

 3歳の頃からボールを蹴りはじめ、幼稚園、小学校と地元のサッカークラブに通い、「仲の良い先輩がいたから」と中学生の時にFC多摩に入団。1年生の中盤から本格的にDFになった。

 FC多摩ジュニアユースでは、全国大会に出場。その時に、熱心に試合を訪れ、声を掛け続けてくれた千葉の強豪・流経大柏に進学を決めた。「振り返ると、中学3年間は練習がきつかったけど、試合で勝てていた。今の自分があるのは中学時代の下積みと、監督、コーチのおかげ。感謝しかないですね」と笑顔で振り返る。

1年からレギュラー

 流経大柏は、全国の中でも、最激戦区と言われる千葉県でトップを争う強豪チーム。130人以上の猛者が集まる。その中で、守備の要となるセンターバック(CB)としては決して大柄(現在182cm)ではないものの、持ち前の空中戦や対人プレーの強さを買われ、1年生の頃からレギュラーとして試合に出続け、世代別の日本代表にも選ばれた。

 今季、チームはインターハイでは千葉県予選で敗れてしまい、高円宮杯プレミアリーグでも優勝を逃した。残るタイトルは、選手権だけ。予選では、決勝で好敵手の市立船橋を2対0で破り、全国への切符を手にした。

「喜ぶ姿見て」

 選手権は2回戦から登場。2日(水)に、フクダ電子アリーナ(千葉県)で徳島市立と対戦する。「一戦一戦戦い抜くだけ。そして最後には昨年のリベンジ、優勝できれば」と意気込みを語る。

 そして、その先には次なるステージが待っている。昨年、アジアチャンピオンに輝いたJ屈指の鹿島への入団が内定。春からはこれまでに秋田豊、中田浩二、昌子源、植田直通ら日本代表のCBを多く輩出した名門の門を叩く。「1年目からガツガツいきたい」と野心をのぞかせる。

 「今までお世話になったチーム、関係者への感謝を忘れず、みんなの期待を裏切らないように、チームのためにしっかり戦いたい。晴れ舞台で勝って喜ぶ姿をぜひ見てほしいですね」。まずは選手権での勝利。今後の飛躍を誓った。