2019年01月19日

八王子市みなみ野出身の関川郁万(いくま)選手が、J1・鹿島アントラーズ入団内定

 八王子市みなみ野出身で、流通経済大学付属柏高校関川郁万(いくま)選手が、「第97回全国高校サッカー選手権大会」で準優勝しました(^^)

 関川郁万選手は、J1・鹿島アントラーズに入団内定しています。皆さん、ぜひ応援してあげてくださいね(^^)


【記事@】
準優勝に貢献
(2019年1月17日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/01/17/465545.html

関川郁万(いくま)選手.jpg

 本紙元旦号で紹介したみなみ野出身の関川郁万(いくま)選手=写真=が活躍した。所属する流通経済大学付属柏高校(千葉県代表)が「第97回全国高校サッカー選手権大会」で準優勝した。

 2日の2回戦から登場した同校。優勝候補の前評判通り、順調に勝ち上がる中で、関川選手は守備の要としてチームを牽引。3回戦の星稜戦、準決勝の瀬戸内戦でヘディングゴールを決めるなどした。

 同選手は、J1・鹿島アントラーズ入りが内定しており、今後は舞台をプロの場に移し、さらなる活躍に期待がかかる。


【記事A】
みなみ野出身関川選手 「選手権リベンジ、優勝を」
サッカー 流経大柏センターバック

(2019年1月1日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/01/01/462851.html

関川郁万(いくま)選手 八王子.jpg

 12月30日に開幕し、首都圏で開催されている「第97回全国高校サッカー選手権大会」。激戦区の千葉県予選を勝ち抜いた昨年の準優勝校・流通経済大学付属柏高校の関川郁万(いくま)選手(3年生)=写真=はみなみ野出身。これまで世代別の日本代表にも選ばれ、J1・鹿島アントラーズへの入団が内定している。今大会、ディフェンダー(DF)として最も注目を集める選手の一人でもある。

―・―・―・―・―・―・

FC多摩で活躍

 3歳の頃からボールを蹴りはじめ、幼稚園、小学校と地元のサッカークラブに通い、「仲の良い先輩がいたから」と中学生の時にFC多摩に入団。1年生の中盤から本格的にDFになった。

 FC多摩ジュニアユースでは、全国大会に出場。その時に、熱心に試合を訪れ、声を掛け続けてくれた千葉の強豪・流経大柏に進学を決めた。「振り返ると、中学3年間は練習がきつかったけど、試合で勝てていた。今の自分があるのは中学時代の下積みと、監督、コーチのおかげ。感謝しかないですね」と笑顔で振り返る。

1年からレギュラー

 流経大柏は、全国の中でも、最激戦区と言われる千葉県でトップを争う強豪チーム。130人以上の猛者が集まる。その中で、守備の要となるセンターバック(CB)としては決して大柄(現在182cm)ではないものの、持ち前の空中戦や対人プレーの強さを買われ、1年生の頃からレギュラーとして試合に出続け、世代別の日本代表にも選ばれた。

 今季、チームはインターハイでは千葉県予選で敗れてしまい、高円宮杯プレミアリーグでも優勝を逃した。残るタイトルは、選手権だけ。予選では、決勝で好敵手の市立船橋を2対0で破り、全国への切符を手にした。

「喜ぶ姿見て」

 選手権は2回戦から登場。2日(水)に、フクダ電子アリーナ(千葉県)で徳島市立と対戦する。「一戦一戦戦い抜くだけ。そして最後には昨年のリベンジ、優勝できれば」と意気込みを語る。

 そして、その先には次なるステージが待っている。昨年、アジアチャンピオンに輝いたJ屈指の鹿島への入団が内定。春からはこれまでに秋田豊、中田浩二、昌子源、植田直通ら日本代表のCBを多く輩出した名門の門を叩く。「1年目からガツガツいきたい」と野心をのぞかせる。

 「今までお世話になったチーム、関係者への感謝を忘れず、みんなの期待を裏切らないように、チームのためにしっかり戦いたい。晴れ舞台で勝って喜ぶ姿をぜひ見てほしいですね」。まずは選手権での勝利。今後の飛躍を誓った。

2019年01月18日

「れんげ食堂Toshu南大沢店」が、2019年3月オープン

 リーズナブルで美味しい本格中華が手軽に楽しめる「れんげ食堂Toshu南大沢店」(八王子市南大沢2-2)が、2019年3月オープンします。

 八王子市初出店となりますね(^^)

れんげ食堂Toshu https://www.toshu.co.jp/renge_toshu/index.html


れんげ食堂Toshu南大沢店|求人情報 モッピーバイト
https://moppy-baito.com/list1/394468/
れんげ食堂Toshu南大沢店.jpg
posted by 銀河流星 at 06:30| Comment(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

日本商業開発の大型複合開発(八王子市鑓水)は、商業部分(約21,000坪)と物流部分(約15,000坪)で、テナントは決定済(現在、非公表)

 以前ブログで【日本商業開発が、八王子市鑓水に大型商業施設(4万5656u)と物流施設(4万5785u)を建設へ】(2018年02月12日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/456848558.html

 このとき紹介した記事の中に、「今後は6月の都議会付議、8月の土地売買契約を経て、10月に土地を引き渡す予定だ。事業者には土地の所有権移転から5年以内に施設の建設完了を求める」と条件がありました。

 皆さん、その後の展開に興味ありませんか? 早速、調査してみました。日本商業開発株式会社のニュースリリースを見ると、予定通り、2018年10月に八王子市鑓水の都有地119,452.90u( 36,134.50坪)を取得していました。

 日本商業開発は、2018年10月に土地を取得しましたから、記事にある通り、所有権移転から5年以内に施設の建設完了をしなければなりません。でも、この段階で使用目的・テナントが決まっているケースが多いですよね。

 その予想通り、ニュースリリースでは、商業施設及び物流施設は「テナントの都合により名称は非公表」となっており、既に決定しています。

 同社によると、「本物件は、商業部分(約21,000坪)と物流部分(約15,000坪)に分けて、それぞれ信用力があるテナントと約50年間の長期に亘る事業用定期借地権設定契約を締結します」となっています。

 物流部分より、商業部分の割合が大きくなっているのは非常に良いと思います。また「信用力があるテナントと約50年間」と長期契約になっているので、決定しているテナントは大手に間違いないでしょう。

 近いうちに詳細が発表されそうですね。同地は、多摩美術大学(八王子市鑓水)の隣にあるので、ぜひ同大学の学生にとっても有益な画材店やギャラリー、ホームセンターなどの店舗も入ることを期待したいと思います。


日本商業開発株式会社

☆2019年3月期第2四半期 決算説明資料(2018年11月12日)
http://file.swcms.net/file/ncd-jp/ir/news/auto_20181112435484/pdfFile.pdf
日本商業開発 八王子市鑓水1.png

■主な仕入実績:八王子市鑓水(不動産投資事業)
大型案件(約36,000坪)
東京都八王子市の販売用不動産について東京都と売買契約を締結しました。(本物件は10月に取得済です。)

Point1
■主な仕入実績:八王子市鑓水(不動産投資事業)
大型案件(約36,000坪)
東京都八王子市の販売用不動産について東京都と売買契約を締結しました。(本物件は10月に取得済です。)
Point2
信用力があるテナントと約50年間の事業用定期借地契約を締結
本物件は、商業部分(約21,000坪)と物流部分(約15,000坪)に分けて、それぞれ信用力があるテナントと約50年間の長期に亘る事業用定期借地権設定契約を締結します。
2017年10月17日を応募受付期限とした「八王子市鑓水(多摩ニュータウンPJ)」公募入札にて、東京都と売買契約を締結しました。公募入札による取得。


☆第19期 中間報告書 2018年4月1日〜2018年9月30日(2018年12月14日)
https://www.ncd-jp.com/images/news/1544796861_201.pdf
日本商業開発 八王子市鑓水2.png

大型案件(約36,000坪)
東京都八王子市の販売用不動産について東京都と売買契約を
締結しました。(本物件は10月に取得済です。)

Point1 公募入札による取得
2017年10月17日を応募受付期限とした「八王子市鑓水(多摩ニュータウンPJ)」公募入札にて、東京都と売買契約を締結しました。

Point2 信用力があるテナントと約50年間の事業用定期借地契約を締結
本物件は、商業部分(約21,000坪)と物流部分(約15,000坪)に分けて、それぞれ信用力があるテナントと約50年間の長期に亘る事業用定期借地権設定契約を締結します。

店舗名:商業施設及び物流施設 ※テナントの都合により名称は非公表
所在地:東京都八王子市鑓水二丁目
敷地面積:119,452.90u( 36,134.50坪)

--------------------------------------------------

※2018年10月1日より、ブログで紹介した八王子市内の町名を覚えることを推奨しています。
今回は「鑓水(ヤリミズ)」です。

紹介した町名:
旭町(アサヒチョウ)」「東町(アズマチョウ)」「石川町(イシカワマチ)」「宇津木町(ウツキマチ)」「裏高尾町(ウラタカオマチ)」「大和田町(オオワダマチ)」「北野町(キタノマチ)」「子安町(コヤスマチ)」「散田町(サンダマチ)」「下恩方町(シモオンガタマチ)」「千人町(センニンチョウ)」「館町(タテマチ)」「台町(ダイマチ)」「長房町(ナガブサマチ)」「七国(ナナクニ)」「楢原町(ナラハラマチ)」「東浅川町(ヒガシアサカワマチ)」「東中野(ヒガシナカノ)」「堀之内(ホリノウチ)」「南大沢(ミナミオオサワ)」「みなみ野(ミナミノ)」「明神町(ミョウジンチョウ)」「元八王子町(モトハチオウジマチ)」
posted by 銀河流星 at 06:19| Comment(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする