2018年11月25日

八王子オーパ(OPA)のプレオープンに行ってきました。グランドオープンは11月29日

 八王子オーパOPA)が、2018年11月22日プレオープンしたので、11月25日行ってきました。やはり新しい商業施設はいいですね(^^) 来客の皆さんのお顔もワクワク楽しそうで、八王子駅の活性化に大きく貢献しそうです(^^)

 歩き疲れた私は、2階にある「レモネードバイレモニカ」のレモネードを飲んで、その後、同じフロアにある「金沢回転寿司 輝らり」でお寿司を食べました(^^)

 1階フロアが、プレオープン中は準備中となっていますので、全店オープンとなる11月29日グランドオープン後にまた報告したいと思います(^^)


八王子オーパ https://www.opa-club.com/hachioji


八王子オーパ(撮影:銀河流星)
八王子オーパ1.JPG
八王子オーパ2.JPG
八王子オーパ3.JPG
八王子オーパ4.JPG
八王子オーパ5.JPG
八王子オーパ6.JPG
八王子オーパ7.JPG
八王子オーパ8.JPG
八王子オーパ9.JPG
八王子オーパ10.JPG
八王子オーパ11.JPG
八王子オーパ12.JPG
八王子オーパ13.JPG
八王子オーパ14.JPG


【記事】
「八王子オーパ」グランドオープン迫る 館内お披露目
(2018年11月22日 八王子経済新聞)
https://hachioji.keizai.biz/headline/2663/

 「八王子オーパ」(八王子市旭町)で11月22日、報道陣向け内覧会が行われた。

 イオンモール(千葉市美浜区)の100%子会社で、東京では聖蹟桜ヶ丘や新百合ヶ丘に「オーパ」を展開するOPA(千葉市美浜区)が運営する同施設。「オーパ」としては全国23店舗目。八王子駅と南口に向かうデッキで直結し、延床面積は約1万100平方メートル。1階〜6階までの全フロアの総賃貸面積は約6200平方メートル。

 「アーバン・ウェルネス」をコンセプトに据え、1階・2階には青果・果物専門店「Mona Port(モナポルト)」、スーパーマーケット「R-GENKI GROCERY(アール元気グロサリー)」「カルディコーヒーファーム」「クリスピー・クリーム・ドーナツ」などフードエリアを展開。3階は全フロアが書籍や文具を扱う「TSUTAYA BOOKSTORE」となるなど、3階・4階は「ウェルネスとアクティブ」をテーマに掲げる。

 5階・6階には新たに出店が決まった猫カフェ「コックンの別荘」などのほか、ビューティーサロンやフィットネススタジオなどを設ける。地元からは梅干し専門店「うめ八」と美容室「アポロビューティーリゾート」が出店。八王子初出店29店を含む約40店が店を構える。

 今回は1階を除く各フロアについて、同日13時からのプレオープンを前に施設を公開。住川譲館長は「(八王子に住んでいる人は)58万人、駅前を通過される方は1日6〜7万人いる。これだけの方がおられる地域はなかなかない。この方たちを取り込んでいきたい」と意気込む。

 グランドオープンは今月29日10時。営業時間は10時〜21時。

2018年11月16日

お笑いコンビ・ガンリキの佐橋大輔(さばし・だいすけ)は、八王子出身

 八王子市は有名人をとてもたくさん輩出している自治体ですが、「あしたのジョー」の丹下段平のものまねで有名となったお笑いコンビ・ガンリキ佐橋大輔(さばし・だいすけ)は、八王子出身です(^^)

 ぜひ応援してあげましょう(^^)

ガンリキ http://www.p-susumu.co.jp/tarent/ganriki.htm
ガンリキ.jpg


【記事】
「あしたのジョー」愛が強すぎる芸人、明大野球部出身のガンリキ・佐橋大輔は、ちばてつやが認める実力派/週末エンタメ
(2018年11月15日 サンスポ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000587-sanspo-ent

佐橋大輔(さばし・だいすけ).jpg

 ちばてつやが認めるガンリキの佐橋大輔(左)は、「あしたのジョー」の丹下段平のものまねで客席をわかせる。右は相方の是永尚芳。

 野球担当として東京六大学野球を取材していた時代の選手が、お笑いタレントに転身していたことを最近知った。明大野球部出身、ガンリキの佐橋大輔さん(46)だ。しかも「あしたのジョー」愛が強すぎて、漫画界の巨匠、ちばてつや先生(79)から認められた存在だという。

 明大4年時は新人監督として三塁コーチを務めていた。中日、ソフトバンクで活躍した鳥越裕介(現ロッテ1軍ヘッドコーチ)、巨人、中日などで活躍した柳沢裕一(現BCリーグ信濃監督)を同期に持ち、3、4年春に優勝した黄金世代だ。

 25年ぶりの“再会”の場は、東京都内のライブ会場。大ファンだという国民的アニメ「あしたのジョー」の丹下段平(主人公の矢吹丈にボクシングをたたき込んだ名トレーナー)と、野球経験を生かしたソフトバンク・内川聖一選手のものまねが、秀逸だった。

 卒業後は一般企業に就職。27歳で結婚、29歳でサラリーマンとして働きながら、お笑いの道に進んだ明大中野八王子高校の同級生とともに月に1度ライブに出演。ここから2年かけて家族を説得し、お笑いの道に転身したのだが、すべては明大時代に起因する。雨が降ると室内での打撃練習に切り替わり、上級生から一発芸指令が下る日々…。

 「その際に絞り出したのが、丹下段平のものまねでした。先輩たちが笑ってくれたのがうれしかったです」と佐橋さん。

 脱サラし、アルバイトをしながら丹下段平を生命線に芸を磨いた。そして2012年、キリンメッツコーラのCM「矢吹ジョー篇」で丹下段平の声を担当。「ジョー役のあおい輝彦さんとの共演、緊張しました」と振り返り、翌13年はダイハツタントカスタムのCMや、パチンコ「あしたのジョー」にも“丹下枠”で出演。今では、漫画を描いたちばてつやさんからも寵愛を受け、ちばさんが作った創部55年の草野球チーム「ホワイターズ」のチームメートとしても汗を流す日々だ。

 また、明大OBの飯島泰臣氏が取締役会長を務めるBCリーグの信濃でも活躍中。本拠地開催日に中継のゲスト解説、試合前のアトラクションなどを担当しており、このほど就任した同期の柳沢監督からも「佐橋は、他人のことを自分のことのように喜んでくれるような、あたたかい人柄。大学で1番仲が良かったので、これからも一緒に盛り上げていきたいです。あいつのこと、大きく取り上げてあげてくださいね」とエールが届いた。

 「柳沢の就任、めちゃくちゃうれしいです。テレビに出るたび、おもしろかったよと連絡をくれるので、お笑いと地域活性化の両方をがんばります」と佐橋さんは、やはり我がことのように喜んでいた。

 昨年末のフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気企画「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で準優勝した佐橋さん。2008年に1200人のオーディションを勝ち抜いて初出場してからは同番組の常連だ。まもなく24日に放送があるが、今年は果たして? 何事にも全力投球のこの男から、目が離せない。(山下千穂)

★佐橋大輔(さばし・だいすけ)

1971年11月24日、東京都八王子市出身の46歳。お笑いコンビ・ガンリキのボケ担当。相方は是永尚芳でコンビ結成は2003年。プロモーション・ススム所属。明大中野八王子高校野球部時代はキャプテン。明大では外野手(ライト)。右投げ右打ち。2010年放送、TBSラジオのあしたのジョー40周年記念番組「矢吹丈VS力石徹 宿命のライバル 完全実況中継」に丹下段平役で出演。長野県中川村の「美しい村ふるさと応援団」を会員番号第1号として務める。柴犬好きで、一般社団法人ジャパンケーナインユニオン(JCU)のドッグショー審査員資格を所有。愛犬の名前は「空(くう)」と「桜(おう)」の2頭。ともに雌。自称、芸能界一の愛犬家。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

おしゃれなレストラン「ビストロ ド ダリエール レ ファゴ802」(八王子市旭町)が、2018年11月グランドオープン

 JR八王子駅北口から徒歩2分。おしゃれなレストラン「ビストロ ド ダリエール レ ファゴ802」(八王子市旭町)が、2018年11月グランドオープンしました(^^)

 仏と伊の2人のシェフで1皿を作り上げる新感覚ビストロで、盆栽現代アートギャラリーを併設 しています。皆さん、ぜひお立ち寄りください(^^)

ビストロ ド ダリエール レ ファゴ802 http://picdeer.com/bistroderriere802
「ビストロ ド ダリエール レ ファゴ802」(八王子市旭町).jpg
「ビストロ ド ダリエール レ ファゴ802」(八王子市旭町)1.jpg
「ビストロ ド ダリエール レ ファゴ802」(八王子市旭町)2.jpg


【記事】
物語もつ盆栽に脚光  今月オープンのレストラン
(2018年11月15日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2018/11/15/457519.html

ビストロ ド ダリエール レ ファゴ802店内.jpg

 旭町に今月オープンしたレストラン「ビストロ ド ダリエール レ ファゴ802」店内に装飾として置かれた盆栽が人気を集めている。「『恰好良い』『かわいい』などの声を頂いております。子どもたちにも人気です」と同店オーナーの浜田剛知さんは笑顔で話す。

 元々、この盆栽の持ち主は豊島区で会社を経営する富樫泰明さん。父親が育てた大切なものだったが事情により手放さなくてはならなくなり、下恩方町の造園会社「やましたグリーン」に預かってもらっていたものだという。「引き継いでくれただけでもうれしいのに光が当たるところに置いてもらえてありがたい」と富樫さん。

 開店前に浜田さんが装飾用の植木などを探していたところ、庭木などの草木を預かり、新たな担い手を探す取り組みをしているやましたグリーンの存在を知り相談。富樫さんの盆栽を紹介してもらったのだという。

 浜田さんは「物語をもったものだからこそ、お店が生きてくると考えています」。問い合わせは同店【電話】042・649・7142へ。

イタリアン、フレンチと和を融合させた料理などを楽しむことができる同店(写真は黒毛牛フィレ肉を使った料理)
ビストロ ド ダリエール レ ファゴ802.jpg
posted by 銀河流星 at 06:30| Comment(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする