2018年07月25日

「産業交流拠点(仮称)及び八王子合同庁舎」新築工事が、関東建設工業・辻建設・神稲建設JVに決定。竣工は2022年2月

 以前ブログで【東京都「産業交流拠点」計画の概要が明らかに。明神町に多摩地域最大規模で。2018年度着工、21年度完成へ】(2017年09月15日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/453490286.html

 その「産業交流拠点及び八王子合同庁舎」新築工事ですが、2018年7月20日、関東建設工業辻建設神稲建設JVに決定しました(^^)

 計画通り順調に進んでいます。竣工は2022年2月28日となっているので、ぎりぎり2021年度内に完成しますね(^^)


【記事】
東京都財務局/産業交流拠点・八王子合同庁舎新築(八王子市)/関東建設工業JVに
(2018年7月24日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201807240406

 東京都財務局は20日、「産業交流拠点(仮称)及び八王子合同庁舎(30)新築工事」の一般競争入札(WTO対象)を開札し、落札者を102億8800万円で関東建設工業・辻建設・神稲建設JVに決めた。

 入札には4社が参加し、2社が応札を辞退した。予定価格は107億8110万円、調査基準価格は97億0299万円だった。

 工事場所は八王子市明神町3の596の1ほか。S一部SRC造地下1階地上7階建て延べ2万9131平方メートルの施設を新築する。

 産業交流拠点部分には展示場や会議室を入れ、合同庁舎部分に八王子都税事務所、南多摩西部建設事務所などが入居する。工期は22年2月28日まで。基本・実施設計は山下設計が担当している。

 同じく一般競争入札(同)を開札した「東京消防庁本町待機宿舎(30)改築工事」の落札者は22億2700万円で飛島建設に決まった。予定価格は22億8481万円、調査基準価格は20億5632万9000円。