2018年07月05日

東京都が、八王子市鑓水に「都立南多摩地区特別支援学校」を新築。2021年着工、2024年開校へ

 東京都が、八王子市鑓水に「都立南多摩地区特別支援学校」を新築します。2021年着工で、想定している校舎棟の延べ床面積は1万3491平方メートル。2024年開校を目指します。

 八王子市鑓水エリアについては、このブログで【日本商業開発が、八王子市鑓水に大型商業施設(4万5656u)と物流施設(4万5785u)を建設へ】(2018年02月12日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/456848558.html

 同エリアでは、今後、様々な開発が進んでいきそうですね。


【記事】
東京都財務局/南多摩地区特別支援学校新築基本設計(八王子市)プロポ公告
(2018年6月25日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201806250405

 東京都財務局は25日、「都立南多摩地区特別支援学校(仮称)(30)新築工事基本設計」の委託先を決めるプロポーザルの手続きを開始する。7月2〜6日に参加表明書を受け付けた後、同13日に技術提案書の提出を受け付ける。10月4日に選定事業者と見積もり合わせを実施。同5日に契約する。予定価格の目安となる参考業務規模は約5700万円(税込み)。

 八王子市鑓水2の88の1(敷地面積1万4718平方メートル)に新築する特別支援学校の建築、設備、外構、グラウンドの基本設計を委託する。想定している校舎棟の延べ床面積は1万3491平方メートル。用途地域(第1種中高層住居専用地域、準防火地域など)を踏まえ、具体的な規模や構造を検討する。履行期限は19年7月31日。

 19〜20年度に実施設計を引き続き委託。21年度に新築工事を開始し、24年4月の開校を目指す。3年制の普通科、職能開発科を設ける。
posted by 銀河流星 at 00:20| Comment(0) | 学園都市 「八王子」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする