2018年06月21日

国内初! 2019年8月、スポーツクライミングの世界選手権がエスフォルタアリーナ八王子で開催

 国内初! 2019年8月スポーツクライミング世界選手権エスフォルタアリーナ八王子で開催されます(^^)

 エスフォルタアリーナ八王子では、2018年6月2日・3日にわたって「IFSCクライミング・ワールドカップ ボルダリング八王子」が開催されていました。2年連続開催です。

 2019年8月に行われる大会では、ボルダリングのほか、設定されたコースを登り制限時間内での到達高度を競う「リード」、設定されたルートを登るタイムを争うスプリント種目「スピード」、1人で各種目をこなす「複合」、視覚など体に障がいを持つ選手を対象とした「パラクライミング」の5種目が予定されており、スポーツクライミングの世界最高峰の大会となります(^^)

 八王子でこのような世界選手権が開催されることは、非常に名誉であり、八王子の名を世界の人に知ってもらう絶好の機会になりますね(^^)


【記事@】
八王子でスポーツクライミングの世界選手権 国内初、2019年夏に開催へ
(2018年6月6日 八王子経済新聞)
https://hachioji.keizai.biz/headline/2552/

記者からの質問に応じる石森孝志八王子市長
八王子でスポーツクライミングの世界選手権.jpg

 八王子市が6月1日、2019年8月にエスフォルタアリーナ八王子(八王子市狭間町)を会場にスポーツクライミングの世界選手権が行われることが決まったと発表した。石森孝志八王子市長が記者会見で明らかにした。

 2020年に行われる東京オリンピックの正式種目となっているスポーツクライミング。このうちボルダリングについては、昨年から同所を会場に世界のトップクライマーが集まる大会「IFSCクライミング・ワールドカップ ボルダリング八王子」が開催されており、今年も今月2日・3日の2日間にわたって行われた。

 これまで行われてきた大会の種目はボルダリングのみだったが、来夏に行われる大会ではボルダリングのほか、設定されたコースを登り制限時間内での到達高度を競う「リード」、設定されたルートを登るタイムを争うスプリント種目「スピード」、1人で各種目をこなす「複合」、視覚など体に障がいを持つ選手を対象とした「パラクライミング」の5種目を予定。石森市長は「スポーツクライミングの世界最高峰の大会となる。世界選手権の国内開催は本市が初」と話す。

 オリンピック開催前年の大会ということもあり、「本市としてもしっかり準備を整えて、世界中からいらっしゃる方々をお迎えしたいと考えている」と石森市長。

 「今回の世界選手権の開催決定というものも、これまでボルダリングのワールドカップを2度開催し、ある程度実績を積んできたという背景があるのだと思う。国内では初の開催だし、オリンピックの前年にも当たるので非常に注目をされる大会になると思う。注目されるだけにわれわれもしっかり対応していかなければならない。この機を捉えて、できるだけ八王子をPRしていきたい」と意気込む。


【記事A】
スポーツクライミング 市内で世界大会
来年8月 国内初
(掲載号:2018年6月21日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2018/06/21/436812.html

 来年8月にスポーツクライミングの世界選手権がエスフォルタアリーナ八王子(狭間町)で行われる。1日に行われた八王子市の記者会見で石森孝志市長が明らかにした。

 同施設ではスポーツクライミングの1種目であるボルダリングの世界大会が昨年と今年の2回連続で行われている。スポーツクライミングでは、これに加えて速さや高さを競う種目を含めた全5種目を予定。国内での開催は初めて。スポーツクライミングは東京五輪の正式種目。

 世界大会は2年に1度行われており、通常であれば次回は2020年だが、五輪と重なるために1年前倒しとなった。