2018年01月12日

フットサルの「ディベルティード八王子」と「ファイルフォックス府中」が合流し、「ファイルフォックス八王子」に。「Fリーグ」参入をめざす

 フットサルチームの「ディベルティード八王子」と「ファイルフォックス府中」が合流し、「ファイルフォックス八王子」になることが、2018年1月6日にあった八王子サッカー協会の「新春フットサル大会」開会式で発表されました(^^)

 「ファイルフォックス八王子」は、八王子市をホームとし、2018年4月から関東1部リーグで戦う予定で、Fリーグ参入を目指します。新本拠地は、エスタフォルタアリーナ八王子

 Fリーグは来季から2部制になると言われるので、八王子市からFリーグチームが生まれる可能性が高くなってきました。市民の皆さん、ぜひ「ファイルフォックス八王子」の応援をよろしくお願いします(^^)

 それにしてもエスタフォルタアリーナ八王子が、2014年にできたことで、男子プロバスケットチームの「東京八王子トレインズ」が生まれ、http://trains.co.jp/

 今回の「ファイルフォックス八王子」誕生へと続きます。そのシナジー効果は大きなものがありますね!

 余談ですが、ぜひ将来、八王子市内に多目的にも利用できるJ1規格のサッカースタジアムができることを期待します(^^) そのシナジー効果はエスタフォルタアリーナ八王子とは比較にならない程のインパクトがあると思いますよ。

DiverTido八王子 https://twitter.com/di_hachi

FIRE FOX FUCHU公式ホームページ http://firefox-hachioji.com/


【記事@】
フットサル Fリーグめざし新チーム
FF府中 八王子に合流
(掲載号:2018年1月11日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2018/01/11/414580.html

富士森体育館で行われた新春フットサル大会の開会式後、子どもらと戦ったファイルフォックスの選手
ファイルフォックス八王子.jpg

 フットサルの全国リーグ「Fリーグ」への参入をめざすチームが八王子に誕生する。府中をホームタウンに活動する「ファイルフォックス府中」が八王子市に移転、同市の既存チームと合流する。6日にあった八王子サッカー協会の新春フットサル大会開会式で発表された。

 八王子には「ディベルティード八王子」があるが、「発展的な統合」により2チームが合流(合併)する。ホームタウンを八王子とし、ファイルフォックスを存続チームとする。2チームからの選手らで構成する。昨年11月、万町に運営会社を設立。代表には市内出身でファイルフォックスの選手、長尾龍さんが就任した。

ファイルフォックス八王子1.jpg

関東1部所属

 ファイルフォックスは20年の歴史があり全国タイトルの実績もある。2017年度は関東フットサルリーグの1部に所属している。

 多摩地区にはすでに府中アスレティックFC、ペスカドーラ町田とFリーグ所属の2チームが存在する。その状況の中、八王子からの参入をめざすことについて関係者は「ファイル、ディベルともチームづくりの過渡期を迎え成績低迷期に入る可能性があったこと、府中にはすでにFリーグチームがあること、八王子にエスフォルタアリーナ(競技会場)ができたこと」の3点をあげた。

盛んな町 受け皿に

 新チームは4月から関東1部リーグで戦う予定。Fリーグは今後、2部リーグを創設する計画があり、チームは2年後の2部加盟をめざす。長尾さんは「自分も八王子にチームがなかったので他の地域へ行った。この町でフットサルをする人が地元で続けられる環境を作りたい」などと話した。

 八王子はフットサルが盛んな地域として知られる。1カ月以上かけて行われる新春大会は今年44回目を数え、500チームを超えるエントリーがあり、5千人近い選手登録がある。全国でみても大きな規模の大会と言われている。


【記事A】
【地域】ファイルフォックス府中が本拠地と名称を変更 Fリーグ参戦を目指す
(2018年1月11日  FUTSAL X)
http://futsalx.com/firefoxhachioji/

ファイルフォックス.jpg

 関東1部リーグに所属するファイルフォックス府中が7日、2018年度よりチーム名と本拠地を変更することを発表した。また、クラブの公式ホームページも新しくなっている。

 ファイルフォックスは、これまで府中を本拠地にしてきたが、クラブ創設20周年目を迎える2018年度より本拠地を八王子に移す。それに伴いファイルフォックス府中というチーム名も、ファイルフォックス八王子に変更される。

 この発表と同時に、クラブは「2018年度より八王子をホームにFリーグを目指して活動していく事となりました。これからもご声援をお願い致します」と、Fリーグ参戦に動いていることを表明した。新本拠地は2014年に完成したエスタフォルタアリーナ八王子(メインアリーナの収容人数2,000人)となる見込みだ。

 ファイルフォックスは1998年に、のちに名古屋オーシャンズの初代監督となる眞境名オスカーが結成したクラブであり、上村信之介、難波田治、前田喜史、渡辺英朗、小野大輔、木暮賢一郎、定永久男、小宮山友祐、森岡薫、稲葉洸太郎、村上哲哉ら、日本代表でも中心選手となった選手たちを多数輩出し、Fリーグには30人以上の選手を送り出している伝説的なチームだ。

 Fリーグができる以前の日本フットサル界をリードしてきた超名門は、これまでに全日本選手権を4度、地域チャンピオンズリーグを2度制しており、国内3冠(関東リーグ、地域CL、全日本選手権)を達成した2005年には、スペインで開催されたインターコンチネンタルカップにも出場している。今季も関東リーグで3位となり、2018年2月16日〜18日に開催される地域チャンピオンズリーグへの出場権を獲得している。

 Fリーグは来季から2部制になることが濃厚であり、彼らがいつ日本のトップリーグに戻ってくるか注目だ。

2018年01月11日

川口土地区画整理組合設立準備会が、2018年3月、組合設立へ。物流施設の第1期供用開始は2020年度に

 川口土地区画整理組合設立準備会が、2018年3月組合を設立することがわかりました(^^)

 川口土地区画整理事業は、八王子市川口、上川、美山、西寺方の各町にまたがる山林を中心とした東西約1.7q、南北約2.0qの約172.3haを対象にした大規模造成プロジェクト。ここに流通・産業拠点を整備します。

 土地利用計画として、天合峰に続く主尾根を境に、北側は緑地空間を保全するため「(仮称)天合峰公園」を整備するなど都市計画公園として位置付け、一方、南側は広域物流センター・地域配送センター・倉庫や流通加工機能を持つ物流施設の立地を想定した流通業務施設用地とします。

 事業は3期に分けて進め、第1期供用開始2020年度になるそうです。八王子に一大物流拠点が出現しますね。八王子市北西部は、将来、過疎化し限界集落化する恐れもありましたから、同地域活性化のためにも早期に事業展開してほしいと思います。

 また「天合峰公園」の整備も楽しみです。天合峰は里山として、かつては人々の生活に密着した場所でしたが、現在では人の手が入らず、荒れ放題となっています。緑地公園として整備されれば、地域内外から人が訪れ、素晴らしい癒しの空間を提供してくれることでしょう。


【記事】
3月に組合設立/18年度から準備工事/川口土地区画整理準備会
(2018年1月10日 建設通信新聞)
https://www.kensetsunews.com/archives/145331

 川口土地区画整理組合設立準備会(会長・中山恒夫八王子市まちづくり公社理事長)は、東京都八王子市で計画する同事業について、3月に組合設立を目指す考えだ。同市が2月下旬に組合設立を認可する見通しとなったことによる。切土と盛土各約300万m3の土地造成工事で、2018年度早期に準備工に取り掛かり、同年度内の造成工事着手を目指す。事業完了は25年度を予定する。 同事業は川口、上川、美山、西寺方の各町にまたがる山林を中心とした東西約1.7q、南北約2.0qの約172.3haを対象にした大規模造成プロジェクト。事業は3期に分けて進め、第1期供用開始は20年度になる。

 切土量と盛土量は、それぞれ約299万8000m3におよび、「1つの事業で合計600万m3の土量を扱うのは過去に聞いたことがない」(組合設立準備会)という。地域経済振興や首都圏物流の効率化、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の整備効果を生かす流通・産業拠点を整備する。

 準備工では、伐採工、搬入路整備、仮設道路工などを進め、その後の造成工事では、地盤改良や防災工などを行う。業務代行予定者は、大和ハウス工業・フジタ企業連合。

 土地利用計画として、天合峰に続く主尾根を境に、北側は緑地空間を保全するため、(仮称)天合峰公園を整備するなど都市計画公園として位置付ける。南側は広域物流センター、地域配送センター、倉庫や流通加工機能を持つ物流施設の立地を想定した流通業務施設用地とする。集散道路として、地区西側の主要地方道61号山田宮の前線と南側の都市計画道路3・3・74号左入美山線をバイパスによって接続するほか、南北を縦断する幅員16mの地区内幹線道路を整備する。

 造成によって新たに創出する法面は、将来にわたり土砂災害警戒区域の指定要件に該当しないよう整備する。

 同地区には、地下を横断する圏央道が神奈川県の藤沢ICから千葉県の大栄JCTまで開通しており、近接する八王子西ICのフルインター化との相乗効果により交通ポテンシャルが向上している。

2018年01月10日

アミューズメント施設の「タイトーFステーション南大沢店」が1月11日、FC店としてグランドオープン!

 アミューズメント施設の「タイトーFステーション南大沢店」が、2018年1月11日、FC店としてグランドオープンします(^^)

 オープニングイベントとして1月13日(土)・14日(日)の2日間、小学生以下のお客様に菓子袋を、先着1日50名に無料プレゼントするそうです。(※無くなり次第終了)

 お近くの方はぜひ寄られてはいかがでしょうか(^^)


【記事】
タイトーF ステーション 南大沢店が1月11日にグランドオープン
(2018年1月10日 タイトー)
http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20180110028/

「タイトーFステーション 南大沢店」
1月11日(木)にFC店としてグランドオープン!
地域最大級エキマエゲームコーナー

タイトーFステーション 南大沢店.jpg

 株式会社タイトーが展開するアミューズメント施設「タイトーステーション」のフランチャイズ加盟店「タイトーFステーション 南大沢店」(東京都八王子市)が、2018年1月11日(木)にグランドオープンいたします。

 「タイトーFステーション 南大沢店」は、株式会社アキューがタイトーのフランチャイズへ加盟しオープンする店舗です。京王線「南大沢」駅に隣接する駅前商業施設「fab南大沢」内2階に位置し、クレーンゲームやメダルゲームに加え地域最大級の音楽ゲームコーナーやダーツコーナーも備えており、ご家族連れやシニアの方はもちろん、ゲームファンやカップル、ご友人グループなど、幅広いお客様にご満足いただけます。

 街の身近なエンターテインメントとして、また地域のコミュニケーションの場として幅広い方々に楽しんでいただけるよう、快適な空間をご用意しスタッフ一同お客様のお越しをお待ちしております。

 オープニングイベントとして1月13日(土)・14日(日)の2日間、小学生以下のお客様にお菓子袋を先着1日50名様に無料でプレゼントいたします。この機会にぜひお越しくださいませ。 ※無くなり次第終了となります。

【関連URL】
タイトー公式サイト
https://www.taito.co.jp/

店舗URL
https://www.taito.co.jp/gc/store/00002166

店舗Twitter
https://twitter.com/Taito_M_Osawa

 「タイトーステーション」のフランチャイズパッケージは、40 年以上にわたるタイトーのアミューズメント施設運営で培った豊富な経験や、直営店の成功事例に基づくきめ細やかなバックアップなどが支持されており、新規加盟や既に加盟いただいているオーナー様の新店舗オープンが続いております。

 タイトーは、今後も運営ノウハウを生かした FC 展開を積極的に行ってまいります。

【店舗情報】
店名:タイトーF ステーション 南大沢店
グランドオープン日:2018 年 1 月 11 日(木)
所在地:東京都八王子市南大沢 2-3 fab 南大沢 2 階
電話番号:042-678-7391
営業時間:平日 10:30〜24:00、土日祝 10:00〜24:00
定休日:年中無休 ※施設休業日に準じる
店舗: URL https://www.taito.co.jp/gc/store/00002166
店舗: Twitter https://twitter.com/Taito_M_Osawa
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする