2017年10月10日

52回目の「ビリヤード日本一」に輝いた八王子市子安町在住の町田正さん

 このブログでは、八王子市関連の有名な方々を何人も紹介してきましたが、八王子市子安町在住の町田正さんも凄い方です。先日、52回目の「ビリヤード日本一」に輝きました(^^)

 52回日本一とは素晴らしい記録です。最高位は1986年の世界第2位だそうです。今後も前人未到の記録を伸ばしていただきたいですね(^^)


【記事@】
先ごろ、52回目の「ビリヤード日本一」に輝いた
町田 正 さん
子安町在住 58歳
(2017年10月5日号 タウンニュース八王子版)
http://www.townnews.co.jp/0305/2017/10/05/401049.html

52回目の「ビリヤード日本一」に輝いた町田 正さん.jpg

「勝負師」尽きることなし

 ○…7、8月と種目の異なるビリヤードの全日本選手権を連覇し「日本一」を52まで伸ばした。体力よりも精神力が問われる競技。窮地でも「自分のベストプレーができれば」と開き直る冷静さが第一人者の技術を高めさせる。「プラス思考なんだよね。どんな状況でもポジティブに考える。経験を積んだ分、若い時よりも今の方が強いかな」。最高位は1986年の世界第2位。自身にも負けたくないと思う気持ちも強さの要因となっている。

 ○…初めてボールを突くためのキューを手にしたのは8歳の時。アマチュア日本一に3度立ったことのある父親が、中町にビリヤード場を開いたのがきっかけだった。開店前に訪れ、ルールが分からないまま、兄弟たちとボールを突いた。自分の番になるとビリヤード台に広がる空間を独り占めできる満足感。すぐそこは遊び場となり、「もっと、うまくなりたい」という思いが芽生えるのに時間はかからなかったという。

 ○…第一人者として活躍する一方で、自身をビリヤード会の”広報部長”と自認する。いかにビリヤード愛好者を増やすか。TVや雑誌の取材を積極的に受け、競技に関連する書籍やDVDなどのプロデュースにもあたる。「子どもからお年寄りまで楽しめる競技。生涯スポーツとして最適なんですよ」。”部長”として、プレー中には見せないお茶目な一面を披露し、ビリヤード界の「新規客」獲得に貢献している。

 ○…もうすぐ還暦。だが、競技への情熱は尽きることがないという。ビリヤードを「長年連れ添った夫婦のようなもの」と例える。若い時は熱く、いまは同志のようなものと。目指すは、世界一の座。「競技の普及発展のためにも、私が勝ち目立たなければね」。ファンを楽しませるため、ボールを曲芸のように操るアクロバティックなプレーも得意とする勝負師。その道にまだまだ終わりは見えないようだ。


【記事A】
町田正が連覇で9度目の栄冠 全日本バンド選手権/ビリヤード
(2017年7月6日 サンケイスポーツ)
http://www.sanspo.com/sports/news/20170706/spo17070614480003-n1.html

「第25回全日本バンドゲーム選手権大会」で優勝した町田正
「第25回全日本バンドゲーム選手権大会」で優勝した町田正.jpg

 7月1、2日に大阪市都島区のみやこビリヤードで開催された日本ビリヤード協会主催「第25回全日本バンドゲーム選手権大会」で、町田正(JPBF東日本、58)が全勝で優勝した。町田は昨年に続く連覇を果たし、通算9度目の栄冠に輝いた。森洋一郎との優勝決定戦について、町田は「今までで1番いい内容のゲーム。まだ自分でもやれるのかと思いました」と笑顔で語った。

 この結果、来年4月にベトナム・ホーチミンで開かれる「2018年アジア キャロムビリヤード選手権大会」の、バンドゲーム(ワンクッション)の部への日本代表としての出場権を手にした。


【記事B】
ビリヤード「分かる」
子安町在住プロ「監修本」発売
(2017年10月5日号 タウンニュース八王子版)
http://www.townnews.co.jp/0305/2017/10/05/401046.html

書籍を手にする町田さん
プロビリヤードプレーヤーの町田正.jpg

 子安町在住のプロビリヤードプレーヤーの町田正さん(58)=人物風土記で紹介=が監修したビリヤードの入門書が先月、発売となった。町田さんの”弟子”である江辺香織プロによる「模範プレー」が収められたDVD付きで、税別2300円。市内の書店でも取り扱われる。「効率の良い練習でおしゃれなボールの突き方を習得することができます」と町田さん。

 問い合わせはビリヤードチャンピオン【電話】042・622・1235へ。