2017年10月30日

月刊誌「山と溪谷」の2017年11月号で、「再発見・高尾山」として高尾山を特集!

 月刊誌「山と溪谷」の2017年11月号では、「再発見・高尾山」として高尾山が特集されています(^^)

 保存版特集となっていますので、皆さん、ぜひ入手してくださいね(^^)

 保存版特集「再発見 高尾山 東京都心から最も近いあの山へ!」
 綴込付録「高尾山周辺詳細登山地図 2万5000分ノ1登山地図・高尾山中心部詳細図・関連情報・アクセス&バス時刻表」


山と溪谷社
https://www.yamakei.co.jp/products/2817900991.html
山と溪谷 2017年11月号 保存版特集 再発見 高尾山.jpg
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

マルベリーブリッジの延伸工事(八王子東急スクエアと接続)が、2019年度完成へ

 八王子駅北口のマルベリーブリッジの延伸工事(八王子東急スクエアと接続)が、2019年度完成します(^^)

 延伸ルートは、八王子駅北口から八王子東急スクエアを通り(八王子東急スクエアと接続)、西放射線ユーロードまで。

 八王子市が2017年10月20日発表したのプレスリリースには、イメージ図がありますので、具体的にわかるようになっています。
 
 マルベリーブリッジ八王子東急スクエアに接続することは、長年の懸案だったので、ようやく実現します(^^) これで八王子駅前の回遊性は抜群に良くなりますね(^^) 
 
 将来的には(2021年度に完成予定の)産業交流拠点と接続するようです。八王子駅は、どんどん便利になっていきます。


マルベリーブリッジの延伸工事
(2017年10月20日 八王子市プレスリリース)http://www.city.hachioji.tokyo.jp/shisei/001/001/009/001/p007708_d/fil/291020kaiken1.pdf

八王子駅北口から見た延伸後のマルベリーブリッジ(イメージ)
マルベリーブリッジの延伸工事1.png

西放射線ユーロードから見た延伸後のマルベリーブリッジ(イメージ)
マルベリーブリッジの延伸工事2.png

マルベリーブリッジ今回延伸区間の位置図
マルベリーブリッジの延伸工事3.png

【記事】
八王子市 マルベリーブリッジ延伸を9月に
(2017年10月23日 建通新聞)
https://news.minkabu.jp/articles/urn:newsml:www.kentsu.co.jp:20171023:481ffed115218e68d4dbed78c9a3d23c

 八王子市は、八王子駅北口マルベリーブリッジ西放射線延伸工事を2018年9月議会承認案件として発注する考えだ。18年度当初予算で工事費が計上できれば、4〜5月に解除条件付き一般競争入札の手続きに入る。本年度は準備工事を行い、18〜19年度の2カ年で延伸工事を進めていく。
 
 JR八王子駅北口のペデストリアンデッキ「マルベリーブリッジ」は、駅前広場を一周する形に整備し、回遊性を高める方針。14年には東放射線アイロードへ延伸し、主に京王線との連絡ルートとして利用されている。工事は飛島建設・黒須建設JVが担当した。
 
 今回の延伸工事では駅前広場の北側から東急スクエア前を通り、西放射線ユーロードにつなげる。延長約90b、幅員約3〜8bの鋼製箱桁で、東急スクエアとも接続。階段1基の他、エレベーター1基、エスカレーター4基(2人乗り2基・1人乗り2基)を設ける。実施設計は国際開発コンサルタンツ(新宿区)が担当。
 
 本体に先立ち実施する準備工事(予定価格843万円)は、10月31日に指名競争入札を行い、11月に着手。門やモニュメント、ガードレール、街路灯など周辺の道路施設を撤去する。水道・下水道については各占用企業者が移設工事を行う。
 
 八王子駅北口駅前広場改善検討協議会の報告書によると、この工事の完成後に駅前広場の北側からカラオケ館前を通り、東放射線アイロードへ延伸するルートを整備する。石森孝志市長は「将来的には(21年度に完成予定の)産業交流拠点と接続させたい」としており、明神町・旭町街区のまちづくりと一体的に整備する意向を示している。

2017年10月23日

オリジナルフレーム切手「八王子市市制100周年記念」が、10月23日、郵便局で発売

 八王子市内をはじめとした郵便局で2017年10月23日、市内の風景や名所などを題材にしたオリジナルフレーム切手八王子市市制100周年記念」が発売されました(^^)

 価格は1シート1,300円。販売数は1000シートしかありません。八王子市内の全郵便局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の64局限定で販売です。

 貴重な切手となりそうです。皆さん、ぜひ早めにゲットしてくださいね(^^)

オリジナル フレーム切手「八王子市市制100周年記念」(2017年10月18日 八王子市HP)
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/contents/kouhou/005/006/p014437_d/fil/1020kinenkitte.pdf


【記事】
八王子市制100周年でオリジナル切手 1000シート限定で販売
(2017年10月20日 八王子経済新聞)
https://hachioji.keizai.biz/headline/2410/

山崎支社長(右)から石森市長に切手が手渡された
オリジナルフレーム切手「八王子市市制100周年記念」.jpg

 八王子市内をはじめとした郵便局で10月23日、市内の風景や名所などを題材にしたオリジナルフレーム切手「八王子市市制100周年記念」が発売される。

 フレーム切手は自分の写真を使ってオリジナルの切手を作ることができるサービス。今回は82円切手10枚を1シートに収め八王子市内の全郵便局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の64局限定で販売される。発行・販売は日本郵便東京支社(港区)。

 1917(大正6)年に行われた市制施行祭や市制50周年市民祭といったイベントの写真に加え、今月、市が選定した「八王子景観100選」を基に甲州街道のイチョウ並木、八王子城跡、高尾山ケーブルカー、片倉城址公園の花しょうぶ、南大沢駅前、八王子車人形、消防団出初め式の様子が切手になった。今秋、高月地区の田園に作られた田んぼアートも題材となっている。台紙には八王子まつりの様子を据えた。

 今月20日には八王子市役所で、日本郵便東京支社の山崎勝代支社長から石森孝志八王子市長に完成した切手を手渡す贈呈式が行われた。

 今回の切手について石森市長は「100周年をできるだけ多くの方に感じ取っていただきたい。八王子の特徴を捉え、主だったところが切手になっているのかなと思う。これまでの歴史や現在の魅力が切手になっているので、数は限られているが多くの方に行き渡れば」と話す。

 価格は1シート1,300円。販売数は1000シート。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする