2017年05月01日

オリンパスが、技術開発センター宇津木(八王子市久保山町)を増築。2017年7月31日完成へ

 2014年08月16日のブログで【オリンパスが技術開発センター石川(八王子市石川町)内に新研究・開発棟を建設】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/403828686.html

 オリンパスは、八王子市内に「生産技術の開発、顕微鏡、情報機器の開発」を行う技術開発センター石川と、「要素技術の研究、開発」を行う技術開発センター宇津木(八王子市久保山町)の二つの技術開発センターを持ち、グループの研究・開発の中心としています。

 これまで技術開発センター石川のほうは、新棟が次から次へと建設され、かなり大規模な研究所となりました。

 一方、今回、技術開発センター宇津木のほうも増築されることがわかりました(^^) 規模は、延床面積4964.02 u、建築面積2712.81 uとなっています。2017年7月31日完成予定。

 八王子市は、道路・鉄道等、交通の利便性の高さから、企業の研究所が集中しつつあり、今後も多くの企業の進出が見込まれています。

 また八王子駅北口にできる、国際展示場コンベンション機能が備えられた東京都の産業交流拠点施設の完成後には、さらなる企業の進出があることでしょう。

オリンパス https://www.olympus.co.jp/company/base/office.html
 

技術開発センター宇津木
オリンパス技術開発センター宇津木.jpg

<オリンパス技術開発センター宇津木増築計画>
建設データバンク
http://www.kensetsu-databank.co.jp/osirase/detail.php?id=42354

住居表示:東京都八王子市久保山町2-3
主要用途:事務所(研究所)、工事種別:増築
構造:鉄骨造、基礎:杭基礎、階数:(地上)1階、
延床面積:4964.02 u、建築面積:2712.81 u、敷地面積:40719.84 u
建築主:オリンパス株式会社、施工者:清水建設株式会社東京支店
着工:2016/12/01、完成:2017/07/31
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする