2017年03月31日

東京都「交通戦略推進会議」が、八王子駅など9ターミナル駅改善の取り組みへ。2019年度に整備を実施

 東京都の「利用者の視点に立った交通戦略推進会議」が、八王子駅など9ターミナル駅の利便性向上や快適な歩行者空間の創出など、2020年に向けて取り組むプロジェクトや活動の方向性をまとめました(^^)

 9つのターミナル駅では、地元など関係者による検討体制を構築し、乗り換え動線のバリアフリー化や案内サインの改善などに取り組みます。2019年度に整備を実施。

 東京都の9つのターミナル駅の一つとして八王子駅が入ったのは大きな価値があります。皆さんもご存知のように八王子駅は駅舎の更新をせず、その場しのぎの増築を重ねてきたために、乗り換え等の利便性で劣っており、また駅舎自体も古くなっています。

 今回の東京都の整備をきっかけとして、JR八王子支社八王子市など関係各所が知恵を出し合い八王子駅の抜本的な更新をすべきです。当然、エキナカ商業施設や駅ビル建設を含めた大規模プランニングにしなければなりません。

 近い将来、近隣の橋本駅リニア駅となることから、八王子駅は乗換客の増加が見込まれます。またJR八王子駅は、多摩都市モノレール八王子ルートの起点駅となることから、今回の整備に合わせて、まず八王子駅多摩都市モノレール駅を同時に整備すべきです。

 今回のチャンスを逃せば、多摩都市モノレール八王子ルートの実現は遥か遠のくでしょう。ぜひ八王子市は本腰を入れて、死に物狂いで、多摩都市モノレール駅の早期実現に取り組んでください。八王子の将来に大きく関わる最重要案件です。八王子市の総力を結集しましょう。


【記事】
東京都/交通戦略会議が最終報告/9ターミナル駅の利便性向上など推進
(2017年03月28日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201703280403

 東京都の「利用者の視点に立った東京の交通戦略推進会議」(座長・岸井隆幸日大教授)は24日に3回目の会合を開き、ターミナル駅の利便性向上や快適な歩行者空間の創出など、2020年に向けて取り組むプロジェクトや活動の方向性をまとめた。ターミナル駅では新宿や渋谷など9駅を対象に地元など関係者による検討体制を構築し、乗り換え動線のバリアフリー化や案内サインの改善などに取り組むとした。

 最終取りまとめでは「交通結節点」「道路空間活用」「水辺空間活用(舟運)」の各テーマごとに設置したワーキンググループの検討成果が示された。

 ターミナル駅の利便性向上では、1日の平均乗降客数20万人以上など一定の条件を満たす新宿、渋谷、池袋、東京、品川、浜松町、日暮里、立川、八王子の9駅を、20年までに改善に取り組む駅に位置付けた。

 今後、駅ごとに都と地元の区市、関係者で組織する「駅まち会議」を設置し、具体的な利便性向上施策の検討を進める。17年度は現状把握と基本ルールの策定を行い、詳細計画の協議・調整を経て19年度に整備を実施する。20年東京五輪の開催に向け、初めて訪れる人でも利用しやすいターミナル駅への改善を目指す。

 歩行者空間の整備では、目標とする空間の整備イメージや都の技術的支援内容などを、今後設置する区市との連絡会などを通じて具体化する。現時点で想定している支援内容は▽荷さばきの集約化や路上駐車対策に関する共通課題への対応策の提案・助言▽区境を超えて案内サインを整備する場合の調整−など。

 自転車走行空間の整備では20年までの整備延長として都道232キロ、臨港道路等32キロの計264キロを目標に掲げる。

 競技会場周辺などの7地区では国道、都道、区市道の自転車走行空間を連続させた自転車推奨ルート(総延長約200キロ)を整備する。区市道での整備促進に当たって補助制度を活用し、技術面だけでなく、財政面も含めた支援を行う。

 観光交通手段としての舟運の利用拡大では17年度も社会実験を継続。通年型の運航や案内サインの試行、船着き場周辺のにぎわい空間の創出に取り組む。18年度以降の各運航事業者による定期航路化を目指す。

2017年03月30日

小説「乱世!八王子城」(著者・山岩淳、揺籃社)が、2017年3月上旬から発売

 小説乱世!八王子城」(著者・山岩淳)が、2017年3月上旬から八王子市内の書店で発売されています(^^)

 フリーペーパー「はちとぴ」などを発行している清水工房(八王子市追分町)の出版事業部門「揺籃(ようらん)社」から刊行された同著。

 戦国時代、北条氏が治めていた城が天下統一を進める豊臣秀吉らの軍勢に落とされるまでを描いた物語になっているそうです。

 小説を楽しみながら、八王子城について知ることができるガイドブックの役割も持つそうなので「乱世!八王子城」、ぜひ読んでみたいですね(^^)

清水工房 http://www.simizukobo.com/


【記事】
八王子城を題材にした小説発刊 落城までの物語描く
(2017年03月28日 八王子経済新聞)
http://hachioji.keizai.biz/headline/2280/

書店での販売が始まった「乱世!八王子城」
小説「乱世!八王子城」(揺籃社).jpg

 八王子市内の書店で3月上旬から、八王子城を題材とした小説「乱世!八王子城」が販売されている。

 八王子をテーマとしたフリーペーパー「はちとぴ」などを発行している清水工房(八王子市追分町)の出版事業部門「揺籃(ようらん)社」から刊行された同著。戦国時代、北条氏が治めていた城が天下統一を進める豊臣秀吉らの軍勢に落とされるまでを描いた物語となっている。

 城代・横地監物(けんもつ)の補佐役を務める「信之助」をメインにストーリーを展開。物語の進行に合わせて八王子の地名の由来や北条氏に仕えた忍者・風魔小太郎一族の存在なども解説。史実を基にしながらも戦いの際に城主である北条氏照がなぜ小田原から八王子に戻らなかったのか考察するなど物語を楽しみながら八王子城について知ることができるガイドブックとしての役割も持つ。

 1年がかりで執筆。文章・イラスト・時代考証を担当したそれぞれの人物の名前から1字ずつもらい「山岩淳」の名を著者名とした。「八王子城は何しろ難しい。小説となれば登場人物は100人を超え、300ページくらいの厚さになってしまう。そこで、八王子の市民向けに八王子城を紹介するのに、できるだけ簡単に、登場人物も極力少ない小説にした」。表紙のデザインも自分たちで手掛け「悲劇の城ということもあり不気味な雰囲気にした」とも。

 「小説は最初で最後」としつつも「細く長く売っていきロングセラーを狙いたい」。今後に向け八王子城の雑学をまとめたガイドブックなど新たな本の構想も膨らませているという。「八王子の市民に読んでもらいたいし、この本を片手に八王子城址に来てもらえるようになれば」とアピールする。

 4月12日〜16日には出版記念を兼ねた写真展「高尾山の花と八王子城!」を八王子市中央図書館(千人町3)で開催。会場は地下展示室。開催時間は10時〜17時。

 B6判、128ページ。価格は1,000円。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

お茶漬け専門店「こめらく八王子店」が、セレオ八王子北館1階に4月下旬オープン

 お茶漬け専門店こめらく八王子店」が、セレオ八王子北館1階に4月下旬オープンします(^^)

 こめらくは、ルミネエスト新宿店に入っているので、ときどき食べるときがあります。お茶漬け専門店の出店は、八王子では初めてではないでしょうか?

 オープンしたら、ぜひ行ってみたいと思います(^^)

こめらく http://www.tub.co.jp/wp/shoplist/
こめらく.jpg

こめらく八王子店|バイトル
http://www.baitoru.com/kanto/jlist/tokyo/23kuigai/hachiojishi/job28437458/?media=indeed&utm_source=indeed&utm_medium=referral&adpcnt=1PV_XApp
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セレオ八王子北館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする