2017年02月02日

八王子駅南口再開発「住・商一体開発プロジェクト」の住宅棟は、住友の「シティタワー八王子フレシア」(26階)に

 以前ブログで【八王子駅南口、大型複合施設開発のタワマン「八王子駅 駅前タワー計画」のホームページが公開】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/440945350.html

 その後、着々と工事は進んでいます。JR貨物住友不動産が手掛ける同事業。「住・商一体開発プロジェクト」の住宅棟の正式名称が2016年12月「シティタワー八王子フレシア」と発表されましたが、そのパースを見ると、6階建て商業施設棟もおぼもげながら知ることができます。

 住宅棟は地上26階・地下1階、商業施設棟は地上6階となりますが、商業施設棟を開発するイオンには、ぜひイオンシネマ導入をお願いしたい。八王子市も積極的にイオンに働きかけるべきです。

 シネコンは、既存の商業施設とライバル関係にならず、また相乗効果が大きく、八王子駅前の商業活性化に大きく貢献します。今後の八王子市の役割に期待したいです。

 住宅棟、商業施設棟とも竣工は、来年2018年10月予定。八王子駅周辺は、今後も再開発が続くので、大いに発展しそうですね(^^)

住友不動産 公式 シティタワー八王子フレシア
http://www.hachiojitower.com/?re_adpcnt=13d_p7nn&device=c
シティタワー八王子フレシア1.jpg
シティタワー八王子フレシア2.jpg
シティタワー八王子フレシア3.jpg

SUUMO シティタワー八王子フレシア
http://suumo.jp/ms/shinchiku/tokyo/sc_hachioji/nc_67715871/?rnms=404
シティタワー八王子フレシア4.jpg
シティタワー八王子フレシア5.jpg


【記事】
八王子駅南口再開発、正式名称発表 JR貨物と住友不動産開発が18年10月完成目指す
(2016年12月14日 八王子経済新聞)
http://hachioji.keizai.biz/headline/2213/

大規模な再開発工事が進む八王子駅南口側
シティタワー八王子フレシア.jpg

 八王子駅南口の再開発地区で工事が進められている「住・商一体開発プロジェクト」の住宅棟の正式名称が12月12日、「シティタワー八王子フレシア」と発表された。

 JR貨物(渋谷区)と住友不動産(新宿区)が手掛ける同事業。JR貨物が八王子駅前に所有する土地を活用し、高層マンションと飲食店などの店舗が入る商業複合施設を造るもので、建築計画には「(仮称)八王子計画」の名が記されている。

 敷地面積は約4030平方メートル。計画によると、住宅棟=地上26階・地下1階、商業施設棟=地上6階の建物をそれぞれ建設。最も高いところで高さは約100メートルになるという。

 「今回はマンションの情報を伝える当社ブログで名称を発表した」と住友不動産の広報担当者。

 工事は2018年10月、住宅棟、商業施設棟の完成を目指す。