2016年12月20日

圏央道茨城県区間が2017年2月26日、全線開通。東名高速・中央道・関越道・東北道・常磐道・東関東道が、圏央道で結ばれる

 圏央道茨城県区間2017年2月26日、全線開通することになりました(^^) 今回の開通により東名高速・中央道・関越道・東北道・常磐道・東関東道の6つの道路が、圏央道で接続されます。

 これまで八王子は、圏央道により、東名高速・中央道・関越道・東北道まで繋がっていました。新たに常磐道・東関東道が接続します(^^)

 ますます便利になることで、八王子から関東各地の観光地へのアクセス向上や、反対に関東各地から高尾山に代表される八王子への観光客増加、また八王子への企業進出なども促進されると思います。

 八王子市内にある圏央道のインターは、高尾山インター八王子西インターの二つ。圏央道八王子にとって、未来を広げるとても重要な道路と言えますね(^^)


【記事】
圏央道茨城県区間が全線開通…外環道は対距離制料金へ移行 2017年2月26日
(2016年12日20日 レスポンス)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000035-rps-bus_all

圏央道 茨城県区間の全体図
圏央道 茨城県区間の全体図.jpg

 NEXCO東日本は、圏央道 茨城県区間の工事が進み、2017年2月26日に全線開通すると発表した。

 開通するのは境古河IC(茨城県猿島郡境町)〜つくば中央IC(茨城県つくば市)の28.5km。車線数は暫定2車線で、区間内の坂東ICと常総ICもあわせて開通。今回の開通により、東名高速、中央道、関越道、東北道、常磐道、東関東道の6つの放射道路が圏央道に接続。関東各地の観光地へのアクセス向上や、沿線大型物流施設の生産性向上が期待される。

 なお、圏央道 茨城県区間の全線開通に伴い、東京外環自動車道(大泉IC・JCT〜三郷南IC)を2017年2月26日より、他の首都圏高速道路同様、対距離制料金へ移行する。当面の間は、下限料金(270円)及び上限料金(750円)を設定し、また、大泉JCT〜川口JCT、川口JCT〜三郷JCTの料金は現行の510円に据え置く。《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》