2016年09月20日

八王子市の市民団体「ネパールと結ぶ会」が、9月23日〜25日まで、越谷市・サンシティホールで写真展開催

 八王子市の市民団体「ネパールと結ぶ会」が、2016年9月23日〜25日まで、越谷市・サンシティホールで写真展を開催します。入場無料。

 「ネパールと結ぶ会」は、ネパールの貧困家庭の子どもが学ぶ学校を支援してきました。、2015年4月のネパールでの大地震で被災した同校の現状を伝える写真展です。

 生徒たちは仮設校舎で勉強を続けているそうですが、壊れた本校舎は使えないまま。会場で同校の復旧のための寄付金を募ります。ぜひお立ち寄りくださいね。

 問い合わせは、「ネパールと結ぶ会」の越谷世話人、萩尾浩さん、徳枝さん=電048(976)7898=へ。


【記事】
大地震で学校苦境 ネパールの今、写真で伝える 越谷で23日から展示
(2016年9月20日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201609/CK2016092002000163.html

仮校舎の前で写真におさまる生徒たち=今年3月、ネパールで(「ネパールと結ぶ会」提供)
ネパールと結ぶ会.jpg

 貧困家庭の子どもが学ぶネパールの学校を支援してきた越谷市の萩尾浩さん(79)、徳枝さん(78)夫妻が二十三〜二十五日、同市のサンシティホールで、昨年四月の大地震で被災した同校の現状を伝える写真展を開く。生徒たちは仮設校舎で勉強を続けているが、壊れた本校舎は使えないままだ。夫妻は「一日も早い復旧に役立てたい」と、会場で同校への寄付金を募る。 (杉本慶一)

 夫妻が支援しているのは、首都カトマンズにある「クレソワスクール」。貧しい家庭の子を対象に、安い学費で質の高い教育を受けてもらおうと、地域の人らが資金を出して一九八九年に設立した。日本の幼稚園児から高校一年にあたる子どもを受け入れている。

 夫妻は、東京都八王子市の市民団体「ネパールと結ぶ会」の越谷世話人を務める。同会は、二〇〇九年にクレソワスクールを訪れた八王子市の元教諭江口千春さん(76)らが同校を支援する会として立ち上げた。

 わずかな学費ですら払えず、学用品や衣服を買うお金にも困っている−。会員たちは毎年のように同校を訪れ、そんな生徒たちとの交流を始めた。帰国後は、同校やネパールの自然を撮影した写真の展示会を八王子や越谷で開催。会場で集めた寄付金は生徒の奨学金や、小さな図書館を建てる費用に充てられてきた。

 萩尾さん夫妻は一〇年に初めて同校を訪れ、翌年から越谷での写真展を主催してきた。現地では生徒にけん玉やお手玉を手ほどきしたり、バレーボールを教えたり。浩さんは「子どもたちはいつも生き生きとしていた」と振り返る。

 大地震が起きた日は学校が休みで、今のところ、亡くなった生徒は確認されていない。一方で四階建ての本校舎は壊れて内部が使えなくなり、図書館も使用不能になってしまった。

萩尾浩さん(右)と徳枝さん=越谷市で
萩尾浩さん(右)と徳枝さん=越谷市で.jpg
 
 テントなどでの青空教室がしばらく続いたが、昨年秋にプレハブの仮校舎が完成した。「結ぶ会」が急きょ送った寄付金は机やいすの購入、トイレの新設に充てられた。かつて七百人ほどいた生徒のうち、約六百人が戻ってきたという。

 しかし、本校舎や図書館は今も使えず、机やいすはまだ足りない。生徒たちは震災前は「環境美化クラブ」や「子ども赤十字」といった自助活動に取り組んでいたが、その活動費も十分に賄えなくなった。

 今回の写真展では、今年三月に同校を訪れた会員が撮影した写真など約百点を展示する。徳枝さんは「一日も早く、以前のように勉強できる環境を取り戻してほしい」と願う。



 写真展は二十三〜二十五日の午前十時〜午後五時(二十三日は午後一時から)。入場無料。問い合わせは、萩尾浩さん、徳枝さん=電048(976)7898=へ。


【記事A】
復旧続く学校に支援を ネパール大地震で被害 八王子の団体が写真展
(2016年4月23日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201604/CK2016042302000124.html

被災した学校の写真などを模造紙にまとめた江口千春さん=八王子市で
クレソワスクール.jpg

 八王子市を拠点に、ネパールの学校を支援している市民団体「ネパールと結ぶ会」が23、24両日、同市内で写真展を開く。昨年4月に起きた大地震で、支援している学校も大きな被害を受けた。先月、現地を訪れた会員らが撮影した写真などを展示し、来場者に募金を呼び掛ける。(村松権主麿)

 会が支援しているのは、首都カトマンズにある幼稚園から中学校までの「クレソワスクール」。地域の人たちが資金を出して設立したが、子どもたちは狭く薄暗い環境の中で勉強しているという。代表で元小学校教諭の江口千春さん(76)は八年前にカトマンズを訪れて同校の校長と知り合い、学校を支援する会を友人らと立ち上げた。

 会員は約二十人。毎年のようにネパールを訪れ、撮影した写真などの展示会を開いて募金活動を行ってきた。昨年三月の十二回目で募金総額は二百十二万円となり、会員の高齢化を理由にいったんは解散を決めた。

 しかし、直後の地震で四階建ての校舎は使えなくなり、校長から支援要請を受けて存続を決定。他の市民団体とも連携し、募金を呼び掛けると百七十万円が寄せられた。プレハブの仮校舎で使う机やいす、トイレの新設などに役立てられているという。

 先月、五人の会員が現地に五日間滞在し、生徒らと交流。今回の写真展では、壊れた校舎がそのまま残る学校の現状や、家を失った人たちが住むテント村、崩壊した寺院など、復興半ばの様子を報告する。

 江口さんは「学校は復旧しつつあるが足りないものだらけ。これからも支援を続けたい」と話している。

 会場は京王線北野駅北口の北野タウンビル七階、北野市民センター展示室。午前十時〜午後五時(二十三日は午後一時から)。二十四日午後二〜五時に、三月の訪問の報告会を行う。来場者にはネパールで購入した手作り小物のプレゼントもある。入場無料。

--------------------------------------------------

【八王子市イベント情報】
☆2016年9月29日(木)〜10月3日(月)
2016年全国大陶器市 第15回八王子値切り市
https://hachi-navi.com/event_detail/122

☆2016年10月7日(金)〜 11日(火)
2016年秋「八王子古本まつり第15回」
http://blog.hachiojiusedbookfestival.com/

☆2016年10月8日(土),9日(日),10日(月祝) 10時〜17時(会場クローズ18:00)
八王子フードフェスティバル2016 (会場:八王子保健所裏特設会場)
https://ja-jp.facebook.com/hachiojifoodfestival/

☆2016年10月23日(日)
「お十夜(じゅうや)」 於・大善寺内
http://www.hachioji-kankokyokai.or.jp/osusume/detail.php?q=osusume5243ef12b0de5

☆2016年11月5日(土)
「八王子天狗祭2016」 於・エスフォルタアリーナ八王子
http://hachiten.com/

☆2016年11月23日(水祝) 開場18:30 開演19:00
「よしもとお笑いまつりin八王子」 於・オリンパスホール八王子  
http://www.syumatsu.jp/pc/east/tokyo
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

八王子市が10月1日、北条氏の3兄弟の縁で、小田原市・寄居町と姉妹都市盟約を締結

 八王子市が2016年10月1日神奈川県小田原市埼玉県寄居町姉妹都市盟約を締結します(^^)

 2市1町は、戦国時代関東地方に勢力を誇った北条氏の3人の兄弟がを持っていた場所という歴史的経緯があります。

 来年、市制施行100年を迎える八王子市の次世代に向けた取り組みの一環で、市制施行記念日の10月1日に締結式を行うことになりました(^^) 

 余談ですが、ぜひNHKで「北条五代」の大河ドラマを企画・放送してはいかがでしょうか? 面白い内容になると思います。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/hojo/p09272.html

 これで、八王子市姉妹都市は、北海道苫小牧市栃木県日光市に次いで、神奈川県小田原市埼玉県寄居町が加わり4都市となりますね(^^)

八王子市の概要 http://www.city.hachioji.tokyo.jp/profile/gaiyo/


【記事】
兄弟を縁に姉妹都市へ
小田原と八王子市・寄居町
(2016年9月17日号 タウンニュース小田原版)
http://www.townnews.co.jp/0607/2016/09/17/349176.html

八王子市のいちょう祭り
八王子市のいちょう祭り.jpg

 小田原市は八王子市(東京都)・寄居町(埼玉県)と、10月1日に姉妹都市盟約を締結する。北条氏を縁に親交を深めてきた3市町が、締結を機にさらなる交流を図る。

 親子兄弟でも争う戦国時代において、氏政(小田原城)、氏照(八王子城)、氏邦(鉢形城)の北条三兄弟はともに支えあい、それぞれの地を発展させた歴史がある。この史実にあやかり、来年、市制100周年を迎える八王子市が相互のさらなる発展をめざし、姉妹都市締結を提案した。

 3市町間では、1994年の各観光協会による「北條三兄弟三領共同宣言」を受け、長年にわたって観光イベントを通じた市民交流が行われている。すでに馴染み深い間柄ということもあって話はトントン拍子で進み、10月1日の締結式を迎えるに至った。

 小田原市は9月8日、この案件を市議会へ報告。異論はなく、締結後は姉妹都市で買い物をすれば割引が受けられるなど、市民が具体的なメリットを得られる仕組みについて提案もあった。市担当者は「北条氏の歴史を実感し、郷土への誇りを感じる機会にもなれば」と期待を込める。

 締結に向けて音頭をとった八王子市は、「圏央道の開通で相互に行き来しやすくなった。スポーツイベントへの参加などを通じて交流人口を増やし、地域活性化につなげたい」と話した。

寄居町の北條まつり
寄居町の北條まつり.jpg


【記事A】
姉妹都市盟約
北条氏3都市 氏照にちなみ八王子市 兄氏政が城主、神奈川県小田原市 弟氏邦が治めた埼玉県寄居町/東京
(2016年9月13日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160913/ddl/k13/010/104000c

 八王子市は12日、神奈川県小田原市と埼玉県寄居町と姉妹都市盟約を結ぶと発表した。2市1町は戦国時代に関東地方に勢力を誇った北条氏の3人の兄弟が城を持っていた場所という歴史的経緯がある。来年、市制施行100年を迎える八王子市の次世代に向けた取り組みの一環で、市制施行記念日の10月1日に締結式を行う。

 八王子市によると、戦国時代の1580年代、北条氏照が、市名の由来となった「八王子城」を築城し始めたとされる。氏照の兄が「小田原城」の城主・氏政で、弟が寄居町の「鉢形城」の城主・氏邦だった。3人は兄弟間で争わず、協力しあったとされ、三つの城の領地がその後、2市1町に発展するきっかけとなった。

 2市1町の観光協会は1994年に共同宣言も出し、北条氏にまつわる観光イベントなどで長年、市民交流が続いてきた。【野倉恵】


--------------------------------------------------

【八王子市イベント情報】
☆2016年9月29日(木)〜10月3日(月)
2016年全国大陶器市 第15回八王子値切り市
https://hachi-navi.com/event_detail/122

☆2016年10月7日(金)〜 11日(火)
2016年秋「八王子古本まつり第15回」
http://blog.hachiojiusedbookfestival.com/

☆2016年10月8日(土),9日(日),10日(月祝) 10時〜17時(会場クローズ18:00)
八王子フードフェスティバル2016 (会場:八王子保健所裏特設会場)
https://ja-jp.facebook.com/hachiojifoodfestival/

☆2016年10月23日(日)
「お十夜(じゅうや)」 於・大善寺内
http://www.hachioji-kankokyokai.or.jp/osusume/detail.php?q=osusume5243ef12b0de5

☆2016年11月5日(土)
「八王子天狗祭2016」 於・エスフォルタアリーナ八王子
http://hachiten.com/

☆2016年11月23日(水祝) 開場18:30 開演19:00
「よしもとお笑いまつりin八王子」 於・オリンパスホール八王子  
http://www.syumatsu.jp/pc/east/tokyo
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

八王子拓真高校が8月、静岡市で開催の「全国高校定時制通信制体育大会第26回サッカー大会」で初優勝!

 2016年8月、静岡市で開催された「全国高校定時制通信制体育大会第26回サッカー大会」で、東京都立八王子拓真高校が初優勝しました! おめでとうございます(^^)

 2014年に全国大会に初出場したことがありましたが2回戦で敗退。今回は見事、優勝を勝ち取りました。皆さんよく頑張りましたね! 感動をありがとう。今後もますますの活躍、期待しています(^^)

東京都立八王子拓真高校
http://www.hachioji-takushin-h.metro.tokyo.jp/pc/index.html


【記事】
全国高校定時制通信制体育大会
サッカー 八王子拓真高が初優勝 集中力高めチーム一丸/東京
(2016年9月16日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160916/ddl/k13/050/152000c

 静岡市で8月に開催された「全国高校定時制通信制体育大会第26回サッカー大会」で、八王子市の都立八王子拓真高校(戸塚吉彦校長)が初優勝を果たした。近年、各地に増えつつある午前、午後、夜間の3部制(昼夜間定時制)の学校に通う部員らは、全員で集まることさえ難しいなか練習を重ね、チーム一丸となり夢の舞台で頂点に立った。

 八王子拓真高校は、多様な学習環境を整える都立校改革の一環として2007年に開校し、サッカー部も創部された。部員は1〜4年生、年齢16〜19歳の27人。ほとんどが練習日以外はアルバイトもしており、中学時代の不登校から心機一転、高校での再スタートを目指す生徒もいる。

 3部制のため、部員らの授業時間はバラバラ。平日は月、水、金曜の午後3時半から練習するが、最初から参加できるのは、午前の授業を終えた1部と夜間の授業を控えた3部の部員。夕方からは午後の授業を終えた2部の部員も加わるが、今度は3部の部員が授業に向かう。本格的な試合形式の練習ができるのは、全員が集まれる土曜だけになる。

 部員数も多い人気の部活で、14年には全国大会に初出場したこともあったが、残念ながら2回戦で敗退した。

 当時は必ずしも全員が欠かさず練習に参加する雰囲気が強くなかったため、15年に監督に就任した西田陽教諭(26)は「まじめにやる部員を試合に出す」との方針を打ち出す。秋には、練習熱心と評価されていた2年生のゴールキーパー、桧沢(ひざわ)英介選手(18)を主将に指名した。

 チームには気が強いメンバーも少なくない。当初、桧沢主将は「自分はまとめる力が足りない」と漏らしていたが、監督が「一生懸命な姿を一番見せる選手こそ主将」と励ますと、次第に後輩らに声をかけるようになり、メンバーの集中力も高まってきた。

 全国大会では、準決勝までの4試合で13得点を挙げる攻撃力をみせた。準々決勝はPK戦を4対2で制した。「一昨年の悔しさを思い出して」(桧沢主将)と、チームはついに決勝まで駒を進めた。

 世田谷泉との東京勢対決となった決勝は、両校無得点のまま延長戦に突入。延長開始2分で1点を先行されるが、終了間際、右サイドハーフの鈴木拓磨選手(19)がPKのチャンスに、相手GKがはじいたボールを冷静にゴールに決め、同点。土壇場で両校優勝をもぎ取った。

 部員ら21人は15日、八王子市役所で石森孝志市長に優勝を報告した。桧沢主将は「かけがえのないメンバーで優勝できたことを誇りに思います」とあいさつ。西田監督は「部員に大きなステージに立たせてもらい、感謝の言葉しかない」と話した。【野倉恵】

--------------------------------------------------

【八王子市イベント情報】
☆2016年9月17日(土)
越中八尾おわら風の舞 in 八王子
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/sangyo/shogyo/event/030875.html

☆2016年9月17日(土)ブラタモリ NHK総合 午後7時30分〜8時15分
#47 高尾山 〜高尾山はナンバーワンの山!?〜
https://www.nhk.or.jp/buratamori/yokoku.html

☆2016年9月29日(木)〜10月3日(月)
2016年全国大陶器市 第15回八王子値切り市
https://hachi-navi.com/event_detail/122

☆2016年10月23日(日)
「お十夜(じゅうや)」 於・大善寺内
http://www.hachioji-kankokyokai.or.jp/osusume/detail.php?q=osusume5243ef12b0de5

☆2016年11月5日(土)
「八王子天狗祭2016」 於・エスフォルタアリーナ八王子
http://hachiten.com/

☆2016年11月23日(水祝) 開場18:30 開演19:00
「よしもとお笑いまつりin八王子」 於・オリンパスホール八王子  
http://www.syumatsu.jp/pc/east/tokyo