2016年04月30日

写真展「霊気満山(まんざん)〜高尾山」が開催中。5月8日までの土日のみ(於「goto.Room 18%」)

 年間300万人が訪れ、世界一の登山者数を誇る高尾山ミシュランガイド三ツ星観光地として、手軽にハイキングできる山として大きな人気を博しています。

 実は私も忘れていたのですが、高尾山山岳信仰の対象でもある霊山。それを思い起こしてくれる写真展「霊気満山(まんざん)〜高尾山」が開催中です。写真家の平林達也氏は八王子市在住。

 会場は高尾駅北口から徒歩3分、甲州街道沿いのギャラリー「goto.Room 18%」。2016年5月8日までの土日のみなので、皆さんぜひ立ち寄ってみてくださいね(^^)

ギャラリーgoto.Room18%のブログ http://gotoroom18.jugem.jp/


【記事】
霊気満ちる高尾山 白黒フィルムで陰影美しく
(2016年4月29日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201604/CK2016042902000120.html

落ちた雪の塊が散った瞬間をとらえた写真。案内はがきにも使われている(作品は平林さん提供)
霊気満山(まんざん)〜高尾山.jpg

 自然豊かで、山岳信仰の対象でもある高尾山(八王子市)を撮り続けている写真家平林達也さん(54)が、写真展「霊気満山(まんざん)〜高尾山」を三十日から開く。白黒フィルムで撮影し、陰影を美しく表現した写真からは、まさに山の霊気が伝わるようだ。五月八日までの土日曜、計四日間だけ開かれる。(村松権主麿)

 雪化粧の林を背に真っすぐ立って画面を二分する黒いスギ、落ちてきた雪の塊が枝に当たると、白い花火のように散った―。写真展の案内はがきにある写真は、平林さんのイメージ通りの瞬間をとらえた水墨画のような作品だ。巨木の下、三人の僧侶がさす和傘が白い花のような写真など二十六枚が展示される。

 高尾山を撮り始めたのは二十年ほど前。高尾駅近くに住む両親が病気になり、同居したのがきっかけだった。圏央道を通すため、約一・四キロのトンネルを掘る計画に住民が反対しているのを知り、「反対運動はできないが、写真を撮ることでこの山に穴を開けていいのか問いたい」と思った。最初は反対運動の現場などを撮影したが、八世紀に僧侶の行基により開山され、修行の場や信仰の対象となってきた山に通ううち「この山の霊気みたいなものを伝えなくては」と気づき、神秘的な光景や荘厳な建物、祈る人たちにカメラを向けるようになった。

 二〇一三年、新宿やパリでの写真展開催を前にタイトルに迷っていた時、参道入り口の門に書かれた「霊気満山」の文字が目に入った。「霊気が山に満ちていることを、まさに言い表している」と即決。白黒フィルムで撮る写真は「銀の細かい粒子で表現すると、被写体の細かな立体感、空気感、湿ったにおいまで感じられる」。

 会場は高尾駅北口に近い甲州街道沿いのギャラリー「goto.Room 18%」。運営する写真家後藤冨美子さん(56)は「身近すぎて、高尾山は自然や観光の印象が強かった。時間を超えた山のあり方を平林さんの写真に感じる」と評価する。平林さんは「地元の人や行楽で訪れる人たちに、高尾山が本来どのような山なのか感じてほしい」と話した。

 入場無料で正午〜午後七時。開催日は午後四時から平林さんのギャラリートークがある。

 問い合わせは同ギャラリー=電042(661)2502=へ。


【高尾山関連記事】
高尾599ミュージアム、入館者が20万人突破 東京
(2016年4月18日 産経新聞)
http://www.sankei.com/region/news/160418/rgn1604180034-n1.html

 高尾山の観光拠点として、八王子市が昨年8月11日に開館した「高尾599ミュージアム」(同市高尾町)の入館者が、約8カ月で20万人を突破し、当初の年間目標(15万人)を3割以上も上回っていることが分かった。

 同ミュージアムは入館無料ながら、高尾山地区の豊かな自然、美しい景観などの魅力を多彩な動植物標本や映像で発信し、休憩施設としても利用できる。従来、同地区には休憩施設が少なかったこともあって、「八王子市報などでのPRや、口コミで利用者が増えた」(桜井良吉館長)とみられる。

 高尾山は年間300万人近くが訪れる世界で最も登山者が多い山とされる。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

『巨大山城 八王子城 精密ルートマップ2016年版』(揺籃社)が、4月1日販売開始

 『巨大山城 八王子城 精密ルートマップ2016年版』(揺籃社)が、2016年4月1日販売開始になりました(^^)

 八王子城(八王子市元八王子町)は、北条氏照が築いた戦国時代を代表する山城。4キロ・メートル四方にわたり山の地形を生かした大規模な造りで、国史跡に指定され、日本城郭協会の「日本100名城」に選定されています。

 同ルートマップは、日野市多摩平の自営業、堀籠隆さん(51歳)が8年かけて踏査した力作。八王子城を詳しく見たいという人には必携のガイドマップとなりました(^^)

 新緑の美しい季節。皆さんもぜひルートマップを手に八王子城跡に出かけてみませんか(^^)

揺籃社 http://www.simizukobo.com/
 

【記事@】
八王子城跡 精密マップ
(2016年4月28日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20160427-OYTNT50348.html

完成した八王子城精密ルートマップを前に、城の魅力を語る堀籠さん
巨大山城 八王子城 精密ルートマップ2016年版.jpg

◆日野の堀籠さん 8年かけ出版

 日野市多摩平の自営業、堀籠隆さん(51)が8年かけて踏査した八王子城(八王子市元八王子町)の精密ルートマップが完成し、出版された。巨大な山城の隅々までを自分の足で調べ上げた力作。城跡内は危険も多く、詳しく見たいという人には必携のガイドマップだ。

 八王子城は北条氏照が築いた戦国時代を代表する山城。4キロ・メートル四方にわたり山の地形を生かした大規模な造りで、国史跡に指定され、日本城郭協会の「日本100名城」に選定されている。

 だが、山が険しく発掘が難しいため、復元や本格的な調査は一部にとどまる。3月には高齢男性ががけから滑落する事故が発生し、救出隊は堀籠さんのマップを参考に活動したという。

 堀籠さんは北海道出身で、道内の大学を卒業後、大手家電メーカーに就職し、八王子工場で設計などに20年間たずさわった。2007年に脱サラし、日野市でプラスチック加工器具の製造販売を始めた頃、ぶらりと訪ねた八王子城跡の雄大さに魅せられ、全容がほとんどわからないことにも興味を覚えた。

 それから暇を見つけては城に通った。国土地理院が公開している標高図を基に歩き、石垣の崩れた跡や消えかかった道の位置を確認。一般地図には記載されていない沢や山などを、地元の人に名前を確認しながら地図上に再現していった。愛用の登山靴はボロボロになり、接着剤で補修しながらの城跡巡りだった。

 ガイドマップには石垣や地形を生かした防御のための竪堀たてぼり、古池の跡など戦国時代をほうふつとさせる遺構の位置に加え、倒木の位置やマムシ危険地帯など踏査しないと得られない情報も載せた。マップの裏には城に関するよもやま話も掲載され、そのいずれもが山行200回の成果だ。

 堀籠さんは「山行1000回の先達もいて、まだまだ。全容の6割程度しか解明できていない。今後も踏査を続けます」と話す。

 なお、城周辺の登山、散策について、八王子市文化財課では「城跡には立ち入りできない私有地や国有林もあるので、城跡ガイダンス施設やボランティアガイドに確認してほしい。サルやイノシシなど野生動物が目撃されているので、ラジオや鈴など音の出るものの準備も」と呼びかけている。

 堀籠さんの「巨大山城 八王子城 精密ルートマップ2016年版」(揺籃社)は定価2000円(税別)。八王子市内の書店で販売している。


【記事A】
「八王子城精密ルートマップ」発刊 現地を歩いて地図補正、新発見の遺構も
(2016年04月13日 八王子経済新聞)
http://hachioji.keizai.biz/headline/2067/

「八王子城精密ルートマップ」をまとめた堀籠さん
「八王子城精密ルートマップ」をまとめた堀籠さん.jpg

 多摩地域の書店などで4月1日、八王子城跡の遺構などの情報などをまとめた「巨大山城 八王子城精密ルートマップ 2016年版」の販売が始まった。

 国指定史跡として知られる八王子城跡。今回は本業の傍ら「八王子城測量家」として同城跡を巡っている堀籠(ほりごめ)隆さんが自ら歩いて作り上げた地図と、砦や陣地など遺構や見どころスポットなどの情報で構成されており、A1サイズのルートマップ4枚、B3サイズの付録1枚という「大作」となっている。

 八王子城を「歴史と自然を同時に満喫できる、日本で最も巨大でちょっと危険なテーマパーク」(原文ママ)と紹介したうえで、北部・南西部・南東部・中部の4つのエリアに分けて解説。地図の製作に当たっては、現地での歩数を基にした簡易測量とGPSによるポイントデータから補正をかけており、「国内山地図最高精度の等高線」とうたう。

 八王子城のルート整備などをボランティアで行う「八王子城1000人プロジェクト」の発起人でもある堀籠さん。「ネットの地図を見たら八王子に城のマークがあるのに情報が無かったので気になった」。2007年秋に散策を初めて以来、10年にわたって情報を収集。今回のルートマップは、その成果になる。「八王子城は城域が広いが、ちゃんとした案内もなく、まだ誰もやっていないならやろうと思った」としたうえで、「もしかしたら北条氏照公にお呼ばれしたのかも」と話す。

 調査は距離を歩数で測るなど地道に進めており、「最初は100円ショップで売っているカウンターを使っていたが、すぐに壊れてしまった。4、5歩行っては方位などのデータを取ることの繰り返しで、コースもまっすぐではないので1日1キロがやっと」。大小4つの滝が連なり、高低差が50メートルにもなる「青龍寺の滝」を巡った際には命綱が必要となるなど危険な思いをしたと振り返る。「特に3段目の滝は落差が13メートルもあるのでスリリングだった」。地図の製作には、1カ所のデータを修正すると周辺も修正せざるを得なくなることから、編集だけで3カ月ほどかかったという。

 ルート全体のうち踏査できたのは70%ほど。このうち簡易測量まで終わっているのは40%ほどのため、今回のマップについては「2016年版」の名前をつけた上で「まだ通過点」とする。「八王子市が高精度地形データを持っているので、それが使えるといい」。

 今後の課題の一つが八王子城跡の保護。「400年もたつといろいろと崩れてしまっており、石垣なんてほとんど壊れてしまっている。国有林の伐採作業に伴って古道の破壊も進んでいる。これからは遺構をどう守っていくかがポイント」としたうえで、「そのためにも、もっと情報を増やしたい。ここでやめるわけにはいかない」と意気込む。

 八王子城は、北条氏の3代目・北条氏康の三男である北条氏照が築いた山城。1584年〜1587年ごろに築かれたと伝えられており、1590年の豊臣秀吉による小田原攻めの一環で落城したとされる。

 価格は2,000円(税別)。
posted by 銀河流星 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

コープ高倉店が、3月15日に拡大移転オープン。2階に「コジマ×ビックカメラ八王子高倉店」もオープン

 以前ブログで【コープ高倉店が、拡大移転で3階建て延床面積8,700uの大型店舗に。2015年9月16日オープンへ 】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/417133165.html

 そういえば、コープ高倉店八王子市高倉町)が、2016年3月15日に拡大移転オープンしたことを紹介していませんでした。予定より半年遅れのオープンでした。

 2階のテナントとして、家電量販店のコジマが「コジマ×ビックカメラ八王子高倉店」を2016年3月18日にオープンさせています。

 高倉町は、どんどん便利になってきましたね(^^)

コープ高倉店(東京都八王子市)オープンしました!(2016年03月15日)
http://shop-mirai.coopnet.or.jp/topics/detail.php?id=2228&year=2016
コープ高倉店.jpg


【記事】
コープみらい/八王子市に「コープ高倉店」、3月15日オープン
(2016年3月8日 流通ニュース)
http://ryutsuu.biz/topix/i030824.html

 コープみらいは3月15日、東京都八王子市高倉町に新店舗「コープ高倉店」をオープンする。

<店舗イメージ>
コープ高倉店1.jpg

 コープみらい発足後初の新店で、1994年に開設されたコープ高倉店を閉鎖・移転し、売場面積を拡大した。

 最新MD(商品づくり、売り場づくり)を取り入れ、バイキング販売の拡大、オープンキッチンによるライブ感の提供、惣菜とべ一カリーを中心とした即食・簡便品のゾーン化を設ける。

 照明のLED化や扉付き冷凍ケースを導入したほか、より地球温暖化の影響が小さい自然冷媒(CO2冷媒)を使用したショーケースをコープみらいの店舗で初めて導入する。

 2階には、家電量販店のコジマが「コジマ×ビックカメラ八王子高倉店」を3月18日にオープンし、店舗に隣接したテナント棟では、クリーニング店や銀行ATMなどを開設したショッピングセンターの核店舗となる。

 計画では、日商509万円、年商18.5億円を想定している。

■コープ高倉店概要
所在地:東京都八王子市高倉町49-3
アクセス:JR中央線豊田駅より八王子駅北口行きバス首都大学東京入り口下車1分
TEL:042-648-7898
営業時間:午前9時〜午後10時45分  定休日:1月1日
従業員数:正規21人/パート・アルバイト160人
敷地面積:4,860m2  売場面積:1,934m2
駐車場:200台  駐輪場:120台
商圏人口:1次商圏(lkm)約2.3万人、2次商圏(2km)約8.6万人、商圏人口合計10.9万人
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする